〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1 多摩キャンパスサッカー場

中央大学学友会サッカー部オフィシャルサイト

持ち物点検 3年井澤佳吾
部員ブログを担当させていただくことになりました。3年商学部の井澤佳吾です。

今回は自分がTwitter上でみつけた記事がとてもおもしろいと思ったので、それを軸に話を進めていきたいと思います。実際の記事のURLが
https://diamond.jp/articles/-/126282
となります。まずこちらを読んでいただくと理解しやすいと思います。簡単に説明するとメジャーリーグのレッドソックスやプレミアリーグのリバプールのオーナーを務めているFSGグループは自分たちの強みを徹底的に洗い出して、なにか新たなスキルを身に着けることなくレッドソックスの売り上げを6倍にも伸ばしたという話です。(リバプール関連のアカウントからこの記事は流れてきたのですが、残念ながらリバプールに関しては触れられていません)

僕がこの記事で一番大事だと思ったことは「自分の強みは何か」ということについてちゃんと理解することの大切さです。これがしっかりとできれば中大サッカー部としても個人としてももっとスケールの大きなことが可能になると思います。例えば来年のチーム作りにむけて学年ミーティングを重ねていますが、役職ごとの強みはなにかはっきりさせておけば、なにかやりたいプロジェクトにたいして、どこの役職の力が必要なのかということが明確になります。必要なら複数の役職を連携させてもいいでしょう。また、映像編集ができる、単純に面白いやつ、外部への人脈が広い、子供うけがいいなど誰が見てもすごいことや、あまり目立たないようなものでも、部員のもつスキルの組み合わせ次第で中大サッカー部という組織の大きな武器や魅力になり得るかもしれません。

僕たちにとって一番重要なピッチ上に関してもこの考えは持ち込めると思います。僕は去年まで自分が苦手なプレーをいかに克服するかに一番重点を置いてきました。なかなか試合に出ることができず苦い思いをたくさんしてきました。今期は逆に自分の得意なプレー・好きなプレーについて考える時間が増えました。ここまでのプレーに満足しているわけではありませんがそれでも自分にとって例年とは違うシーズンを過ごせていると思います。それは自分がピッチに入った時に苦手なことよりも、できること、プラスになることが頭の中で整理できるようになったからだと思います。苦手なことを克服するよう努めることは大切だし絶対必要です。しかしその間も時間は流れていくし、毎日のポジション争いや公式戦はやってきます。だったら現時点で自分が持っているものの中で優れているものはなにかを見つめなおしてそれを全面にだして戦っていく。その裏で自分に足りないものを補っていくというほうが気持ちも乗っていくし、いいんじゃないかなと思います。

これは最近の自分の考えを紹介したまでであってきっと人それぞれいろんなことを考えながら過ごしていると思います。ただ物事は視点によって見えてくるものも大きく変わるし要するに捉えようです。難しい場面に遭遇したとき、どうしても凝り固まった考えになりがちだし、なかなか好転しないかもしれません。中央大学サッカー部全体として結果がなかなか出ていない今だからこそ、自分たちがもっているもの(資産ともいえる)について見つめなおしてもらえたらな、と思います。僕が言いたいことの少しでも理解していただけたら幸いです。長々と読んでいただきありがとうございました

  
  
2019/08/24 09:16
ゴールキーパー 4年保坂悠人
初めまして、今回部員ブログをしたためさせていただきます4年の保坂 悠人と申します。タイトルの通り私はGKでこのポジションを小学3年の頃から続けています。近年、サッカー人気の拡大と共にGKの注目度が上がって大変嬉しい反面、やはりまだ認識がおぼろげな所があると思っています。そこで私個人の偏見からGKの生態をお話ししましょう。

GKは「痛い、辛い、恐いの感情との折り合いをつける」ところからスタートします。GKの名コーチ、ジョアン・ミレッ氏もコメントしているように「辛い思いをし続ける」ポジションです。
まず、ゴールの前に立ちはだかるGKには容赦なくシュートが飛んできたり、相手FWから味方DFまで突っ込んできます。
次に、今でこそ人工芝のグラウンドは増えていますが、未だに固い砂利の上でプレーするチームの方が多いと思います。ナイスセーブする程、生傷は増えていきます。
そしてゴールを背面にしている重圧、全身を満遍なく使うハードなトレーニング、ピッチで1つだけのポジションを巡る争い。これらは続ける限り終わりは見えません。
ご覧のようにネガティブな要素は他ポジションの選手より多いのではないでしょうか?私たちはこのストレス達と長い時間をかけて仲良くなる所からGK人生を始めています。

そしてその結果、ナチュラルな変人が生まれます。職人気質で強いこだわりと確固とした自分の世界を持つ、不思議な人間になります。私も長年、「お前変わってるな」とか「こいつおかしくないか?」とか言われ続けて22歳になりました。おそらくこの文章を読んでくださっているGK経験者の皆様はうんうんと首を縦に振ってくれていることでしょう。でもそんなこと悩みにもなりません。私たちが身を置くポジションはもっと不条理で融通がきかないのですから。

最後に、「じゃあ何故、君達はGKを続けるんだ」という疑問にGKを代表してお応えしたいと思います。GKには得点する機会が皆無です。(例外はあります。私はあるので…)でも失点する機会は1試合少なくても絶対に3回はあります。(これに例外はありません。たぶん)そして3点はサッカーの勝敗を大きく分けるものとなります。呆れるほどのストレスと人生を経てきた私たちの勝負は本当に一瞬です。結論を言うと私たちは、その刹那のプレーで相手の希望を摘み取り「あいつさえいなければ」と悔しさを植え付ける、そして試合後に「当然のことをしたまでよ」という態度の最高にクールな存在になりたいんです。GKの皆様もうんうんと(以下略)

大変長くなりましたが読んでくれた方ありがとうございます。言いたかったことを一言に集約すると「GKは凄い」ということです。川口、川島、若林しか選手の名前を知らなかった方は、世界中で活躍するGKに是非注目してみてください。サッカーがもっと楽しく見れるはずですよ。

  
  
2019/08/24 09:11
1
前月←   2019年8月  →次月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
お問合せ中央大学サッカー部 スコア速報 by Player! 中央大学サッカー部 スコア速報 by Player! CHUO SPORTS ACADEMYU-15 試合ブログ
Copyright © CHUO UNIVERSITY FOOTBALL CLUB. All Rights Reserved.