〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1 多摩キャンパスサッカー場

中央大学学友会サッカー部オフィシャルサイト

恩返し 2年坪井湧也
初めまして。今回、部員ブログを担当させて頂くことになった商学部2年の坪井湧也です。いつもはふざけていますが、今回は大学生になって思ったことを真面目に書いてみようと思います。少し長くなりますが最後まで読んでいただけると幸いです。

 部員ブログを担当するにあたって何を書こうか迷っていた時、真っ先に浮かんで来たのが家族の存在です。自分は兵庫県三木市というところで生まれ、3人兄弟の末っ子として育ててもらいました。幼い頃は兄の背中を追いかけて気付いた時には自分の生活の中にサッカーがありました。いつしかサッカーの虜になり小中学生の時は毎日泥だらけになりながらサッカーをしていました。高校はサッカーをするために家から1時間半離れた学校に通っていました。そして大学では東京で寮生活をしています。こんなサッカー中心の生活を続けてかれこれ15年くらい経とうとしています。

 そして長い間このサッカー中心の生活を支えてくれたのが両親です。父は自分たち兄弟のために朝早くから夜遅くまで働いてくれていました。母は朝早くに出発する僕のために僕より早く起きて、毎日お弁当を作ってくれました。そして休日になると、お父さんとお母さん揃って試合に見に来てくれるのです。毎日働いてしんどいはずなのに、週末になると試合会場には必ず両親の姿がありました。小中もほとんどの試合を見に来てくれて、高校になると、広島や名古屋や群馬や埼玉や石川など「なんでここまでくるん?!」というくらい遠いところまで応援しに来てくれました。

 大学生の今になってやっと分かったような気がします。両親は僕が楽しそうに一生懸命にサッカーをしている姿が好きだったのではないかということです。今は試合が全て関東であるのでなかなか見にこれないですが、このことに気がついて以来、どんな時でも楽しくプレーしようと心がけるようになりました。そして見に来てくれた時には、思いっきり楽しんでお父さんとお母さんの前で堂々とプレーすると決めています。

 これは自分がサッカーをする上で最も大切なことだと思っています。せっかく大好きなサッカーをやらせてもらってるからには自分が1番輝いているところを両親には見てもらいたいです。 そして楽しむことが何よりも一番の「恩返し」になると思います。今後も自分の目標に向かって楽しみながら日々を過ごしていきたいと思います。そして両親には今までかけてきた苦労を『良かった』と思わせれるくらいのサッカー選手にまた1人の大人になって結果でも必ず恩返ししたいと思います。

以上が大学生になって自分が今素直に感じていることです。長い文章でしたが最後まで読んでいただきありがとうございました!

  
  
  
  
2019/09/24 13:23
読書 3年堀陽太
こんにちは。
今回部員ブログを担当させていただきます、3年の堀陽太です。

前回の部員ブログで2年生の友近選手が「生きがい」について書いていたので私なりに「生きがい」について考えてみました。私の生きがいってなんだろうと考えた時、サッカーをすることが一番でこれについて書くとものすごく長くなってしまうと思ったので、今回はやめておこうと思います。サッカー以外に他に何があるのだろうと考えるといろいろと思い浮かびましたが、今回は読書について書きたいと思います。

私はいつ頃から本を読むようになったのだろうと思い返してみると、はっきりとは覚えていませんが、小学校の3年生くらいの時には本というものを自ら進んで読んでいたと思います。その当時読んでいた本が『ダレン・シャン』という本でした。シリーズ本でかなり長くて、だけどすごく面白かったので集中して読んでいた記憶があります。これがきっかけで本を読むことが好きになりました。小学校から高校まで、主に小説を中心にたくさん読みました。大学生になってからは小説以外にも自己啓発本も読むようになりました。大学生になって初めて自己啓発というジャンルの本を読んだのですが、小説とはまた違った面白さがあり、考え方や価値観といったところで学ぶところが多かったので大学生1,2年生の時は自己啓発本を主に読んでいました。最近は時代小説にハマっていて、今は『竜馬がゆく』という本を読んでいます。時代小説ならではの面白さもさることながら、坂本竜馬という人間の考え方や価値観、行動力にすごく感動している最中です。

さて、長々とこれまで書いてきましたがここで私が最も影響を受けた本を紹介したいと思います。それは『永遠の0』という本です。百田尚樹先生が書いたこの小説は映画化やドラマ化もされているので知っている人も多いかと思います。物語を簡単に説明すると、現代を生きる主人公が太平洋戦争から生き残った人たちを訪ねて、太平洋戦争で戦死してしまった本当の祖父はどんな人だったのかを探っていくという物語です。この本からは太平洋戦争とはどういったものだったのか、主に空軍の航空兵の視点から深く知ることができます。当時を生きた人たちがどのような気持ちで戦争と向き合ったのか。そして、日本を守るとは、大切な人を守るとはどういうことなのか。読んでいると涙が止まらなくなってきます。私のこのブログを読んでいる方はぜひ読んでみてください。オススメです。

最後になりますが、私は本当に本が好きです。なのでこのブログ読んでくださっている方、私におすすめの本を是非紹介してください。ジャンルは問いません。なんでもいいです。こういう本は読まないだろうなって感じの本など、大歓迎です。
よろしくお願いします!
拙い文章でしたが、最後まで読んで頂きありがとうござきました。

  
  
  
  
2019/09/12 22:59
生きがい 2年友近佳貴

皆さん、こんにちは。
友近圭貴です。皆さんはなんで生きてるんですか?なんのために生きてるんですか?こんな暗い感じで始まるの自分らしくないですが、ふと、そう思う時があります。 なんで今自分は自分の意思で生きてるのかを考えた時に、出た答えは「なにかしらに生きがいを感じてるから」でした。何に生きがいを感じるんだろうかって考えた時に、今自分は怪我してるし、もうこんなリハビリ嫌やしやめたいって思うこともあるけど、おんなじ怪我の人もおるし、たわいもないことで笑いあえる仲間がいることが生きがいです。だから嫌なことがあった日は、今なんで自分の意思で生きてるんやろかと問うてみてください。自分を支えてくれる人や趣味、だれかしらなにかしら自分をプラスにしてくれるものがあるからこそ生きてると思うんです。あとは、自分の将来について考えてみてください。未来の自分はどういう状態でありたいか。向き合ってみてほしいです。年収1000万稼ぐ!とか、島でゆっくり生活したい!とかなんでもいいと思います。そういう自分になるためにはどうしたらいいのか、やるべきことを一つ一つはっきりしていくと、1つ1つの行動に理由がついてきて生きてる!って感じしませんかね?
やばい。人生経験浅すぎて何言ってるんかわからんなった。ばいちゃ。

  
  
  
  
2019/09/05 22:38
1
前月←   2019年9月  →次月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
お問合せ中央大学サッカー部 スコア速報 by Player! 中央大学サッカー部 スコア速報 by Player! CHUO SPORTS ACADEMYU-15 試合ブログ
Copyright © CHUO UNIVERSITY FOOTBALL CLUB. All Rights Reserved.