〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1 多摩キャンパスサッカー場

中央大学学友会サッカー部オフィシャルサイト

「ジーニー🧞♂」 3年上田遼太朗
どうも。
二足の草鞋を履く3年の上田凌太朗です。
今回は二足の草鞋を履いている自分だからこそ感じたことを書いてみました。
最後までどうぞよろしくお願いします。

皆さんは学連という仕事がどういったものなのかご存知でしょうか?僕自身も全てを知っているというわけではありませんが、せっかくの機会なので、学連という仕事を僕なりに紹介させてもらいます。

まず1つ目の大きな仕事としては、関東リーグ等の試合の運営です。一言で「運営」といっても、会場の準備をしたり、試合が円滑に進むようにタイムキーパー的なこと(競技といいます)をして時間通りに進めたり、試合の記録を取ったりと、他にも細かいことを言えばいろいろありますが、一旦ここで止めておきます。

次に、2つ目の大きな仕事は水曜日に御茶ノ水のJFAハウスで行われる「幹事会」という会議を行うことです。そこでは一体何が行われているのかということをこれから問題形式で説明させてもらいます。

問題
関東リーグや各種大会の会場を準備しているのはだれでしょう?

問題
関東リーグや各種大会の審判の派遣をしているのはだれでしょう?

問題
補助学生や審判の方のお弁当を用意しているのはだれでしょう?

そうです。上2つの答えはどちらも「学連の人」が正解で、1番最後の問題は「お弁当屋の店員」が正解です。

つまり、「幹事会」では主にリーグ戦や大会の準備を行っているのです。

僕自身、選手と学連を兼任してやっているわけですが兼任しているからこそ、学連という人たちの存在のありがたみをものすごく感じます。各種大会に参加する際の参加費の期日やエントリーの締め切り、提出データの連絡をチームに流して仲介役になったりしています。実はこれ、めちゃくちゃ重要なんです。もし参加費の振込がされてなかったら…、選手のエントリーの期日が過ぎてしまったら…、最悪の場合公式戦に出られなくなる場合だって十分にあり得るのです。普段、皆さんの気づかないところで彼らはそういったことにならないようにサポートをしてくれているのです。

そして中大の人たちは、そういった影のサポートに対してしっかりと「ありがとう」や「おつかれ」などと感謝してくれる、と去年の卒業生のHさんが言ってました。僕もそう思います。ひどい大学だとチームの選手が学連の人の名前も顔も知らないなんてこともあるみたいです。(噂)

とまあ、僕なりに学連のことについて紹介させてもらいましたが、いつの日か中央大学サッカー部が日本一の集団という目標を達成できた時には選手、スタッフ、マネージャー、応援の人たちの力があったからというのはもちろんですが、中大の学連の人も影で支えているということを頭の片隅に記憶しておいてくれれば幸いです。
そして、グランドや会場で会う機会があれば「お疲れ様」などと声をかけてあげるのも良いでしょう。

最後に、タイトルの「ジーニー🧞‍♂」に関してですがたまたまテレビを見ていたらアラジンのCMが流れていたことと、変わったタイトルだったら読んでくれるのかな〜。と思ってこのタイトルにしました。それにジーニーって主役の引き立て役みたいなものなので今回の内容とたまたまマッチしたので…

最後まで読んでくれてありがとうございました。

  
  
  
  
2019/07/05 21:24
タオンガを着る覚悟 3年松本大輔
こんにちは!
大学サッカーで初めてショートパスを覚えた松本大輔です。

今回僕が皆さんに話すのは、僕がどういった覚悟でタオンガ(マオリ語で宝物)を着て試合に挑んでいるのかを少しでも知ってもらえたらと思い話させていただきます。
まず、タオンガタオンガと調子に乗って言っていますが、かの有名なラグビーNZのall blacksの選手達が黒のユニホームをタオンガと言っていた事がとても印象に残っているので僕もそう呼んでいます。

なぜ僕にとってユニホームがタオンガになったのかというとそれは自分が歩んできたサッカー人生にあります。
中央大学に入れたのだから僕のサッカー人生は良いものだったのだろうと思ってくれている人達もいるかと思いますが、そんな事はなくて僕のサッカー人生の半分以上はユニホームを着ることのできない挫折続きの人生でした。中学のチームでは3年間ユニホームを着たことがないですし、高校では3年生になってからスタメンでユニホームを着させてもらっていました。大学でも3年生である今年から少しずつ試合に出る機会を貰えて、ユニホームを着させてもらっています。このように各チームで過ごした半分以上はユニホームを与えられていない人生で、試合の相手はいつも自分で、毎日妥協したがるこいつと戦いながら、いつかは絶対にこのユニホームを着て活躍してやるぞ!!という意思だけを持ってやってきました。それは今までもこれからも変わることのない事です。そしてもう一つ、僕には好きな言葉があります。それは『誰も予想しなかった人物が誰も想像しなかった偉業を成し遂げる。』という言葉です。あるドラマのワンシーンなんですがこの言葉がとても印象に残っています。下手だし期待もされていない奴がいきなり試合に出て大活躍したらどうですか?これ程周りの奴らを黙らせるものはないでしょう。少し余談を話してしまいましたが、こうした人生を歩んできたものですから、いつの間にか自分の中でそれは特別なもの『タオンガ』になったのだと思います。だからタオンガを着て試合に出る時は誰よりも輝いてみせます!だってこの一試合でまたタオンガが着れなくなるかもしれないんです。もう嫌なんです。後悔したくないんです。専修戦でも筑波戦でも僕に次はありませんでした。(この二試合に後悔はありません。課題は山程見つかってしまいましたが)だからいつ着れなくなるか分からないので僕はその一試合に全てを賭けます。次があるから、来年があるからっていう考え方は大嫌いでこの一試合に僕の全てを出します。そして必ずチームに貢献し、OBの方々に祝福コメントを言って頂けるよう頑張り、いつも応援してくれる両親に恩返しします。それが可能なチームだし選手達です。
それを楽しみに皆さん試合に足を運んで下さい!!

後、野口さんを笑顔にしたいです。誰よりも練習して試合に出る為の準備をしてきていたのに怪我をしてしまいました。なのにその気持ちを押し殺してチームの為に尽くしてくれる野口さんを見てきています。この人の為に勝ちたいです。

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます。今話したことがこの中だけで終わらないようにやっていきます。

ありがとうございました。

  
  
  
  
2019/07/02 17:13
1
前月←   2019年7月  →次月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
お問合せ中央大学サッカー部 スコア速報 by Player! 中央大学サッカー部 スコア速報 by Player! CHUO SPORTS ACADEMYU-15 試合ブログ
Copyright © CHUO UNIVERSITY FOOTBALL CLUB. All Rights Reserved.