〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1 多摩キャンパスサッカー場

中央大学学友会サッカー部オフィシャルサイト

中央大学サッカー部、全然上手くいっていない 3年大久保智明
「中央大学サッカー部、全然上手くいってない。」


今回ブログを担当させていただく3年の大久保智明です。
この題名を見て、ブログでそんなこと書く?とか疑問に思った人はたくさんいると思います。題名はすごく大切で、少しでも興味を持ってもらう事が目的なのでこれにしました。しかしこれは本当の事です。最後まで読んでください。

題名の通り私たちは表面上だけ上手くいっているように見えて客観的に俯瞰してチーム全体を見ると上手くいっていないです。私は中央大学サッカー部が本当に大好きなので、あえて濁さずに言葉を使っていきたいと思います。

私は今年のチームはまとまりがあって、上手く進んでいくと思って過ごしてきました。ミーティングをたくさん重ね、グループワーク、コミュニケーションも取ってきた。役職、サッカーでの取り組み何一つとして問題はないと思っていた。しかし、今年のチームが始まってみると様々な問題が起きていました。四年生は実は意見が割れているところがある。三年生はチームの事を考えず無関心な人が多い。二年生は人任せで無責任な人が多い。一年生は単純にミスが多い。試合当日、ウォーミングアップで使うビブスを忘れる。ありえないです。日本一の集団を目指してるチームの行動ではないです。天皇杯で明治に負けた次の週の練習は厳しく激しい練習ができていましたが、だんだん緩くなっていき、今はこの練習で良いのか?と思います。練習の質を高めるには全員が同じモチベーションでプレーするのが必要です。1人でもやる気のない人や、集中力のない人がいると練習のレベルはその人のところまで落ちてしまいます。試合に出る出ない関係なく、自分が今日の練習で一番上手くなってやる!っていうギラギラした目で毎日の練習をすれば私たちは強くなれると思います。

今の中央大学サッカー部に必要なことは本当に思ってることを伝え、ぶつかり合うことです。言いたいことあるけど言えずにいる仲良しクラブにはなりたくないです。私は本気で日本一を目指しているのであえて厳しく書きました。全員が常に自分の今日のプレーはどうだったか、過ごし方、チームはどうなのかを自分に問い続けていき厳しさをもって過ごせばチームは良い方向に向かうと思います!!最後まで読んでくれてありがとうございました!

  
  
  
  
2019/05/10 17:53
私の原動力 2年大山友子
今回の部員ブログを担当させていただきます、2年マネージャーの大山友子です。

よろしくお願いします。

私がサッカー部に入部してちょうど一年が経ちました。一年たった今でも毎日が新鮮で、充実した日々を送ることができています。

サッカー部のマネージャーをしているというと周りからは大変だね、と言われることが本当に多いです。もちろん大変な仕事もあります。でもそれが辛いのかと言われれば、それは違います。グラウンドでの選手たちの表情や練習の雰囲気はその日によって少しずつ違います。そんな彼らを見てたり一緒に話したりすることで私の毎日も全く違ったものになります。このような日々は私にはとても刺激的で楽しいです。

嫌なことがあったり気分が乗らない日があってもグラウンドや学校に行けばサッカー部の仲間がいて、夢や目標に向かって頑張る一生懸命な姿を近くで見ていると自分の悩みや不安に思うことなんて、なんてちっぽけなんだろうと勇気が湧いてきます。

本当なら、私が元気を与えなければならない立場なのですが、逆にいつも元気をいただいてしまい助けられています。私の原動力はサッカー部です!

またミーティングなどで普段接しているときには聞けないこのチームの一人一人が持っている熱い思いを聞いたり考え方の深さを知ったりすることで、私自身もこの組織の一員として恥ずかしくないような人間にならなくては、と身が引き締まります。残された3年間で人間としてさらに大きく成長していきたいです。

 

4月27日にはアイリーグが開幕し、全カテゴリーのシーズンが開幕しました。

選手だけでなくマネージャー、広報、学連ともに一丸となって中央大学サッカー部の戦いに力を添えることができればと思っております。

ぜひ試合会場へ足を運んで、一緒に中央大学を応援しましょう!

よろしくお願い致します!

  
  
  
  
2019/05/08 16:01
Substiitution 4年川元雄太
こんにちは。今回部員ブログを担当します文学部人文社会学科西洋史学専攻4年の川元雄太です。大した事は書けませんがお許しください。笑

チームスポーツにおいてはどのチームにもスタメンの選手とサブの選手がいます。誰もがスタメンという立ち位置にいたいし、ベンチで座ってることが満足なんて選手はいないと思います。

僕は中央大学サッカー部に入り、4年になるまでの3年間の多くの時間をサブメンバー(ベンチ、メンバー外)として過ごしてきました。

シーズン初めは強い意気込みで入るが、関東リーグが始まると少しずつメンバーも固定されていき、勝ちが続くとスタメンが変わることはめったにありません。勝ちが続くとことは嬉しいことのはずなのに、素直に喜ぶことができないという試合を何試合も経験してきました。

「初心忘るべからず」という言葉があるように人間慣れてくると最初の頃の緊張感だったり、危機感というものを感じにくくなってきます。それはチームであっても同じことで、同じ11人のメンバーで何試合も試合に臨むことで、いい意味で慣れてくるが、悪い意味でも慣れてくると思います。

そんな時にチームをいい方向に向かわせるのがサブメンバーの役割だと思います。それは11人のメンバーに食い込むこともそうですが、何よりこの11人に危機感を与えることができているかどうか。競争があった中で同じ11人が選ばれているのかどうかだと思います。

昨シーズン強く感じたことはサブメンバーの練習に取り組む姿勢が良い結果をもたらすということでした。関東リーグというものは簡単に勝てるものではない。それが昨シーズンまでの2部から1部に上がったのだからもっと勝つ事は難しいことだと思う。今は開幕2連勝しているがどこかでチームが行く方向を見失うことがあると思う。それをまた指し示すことができるのがサブメンバーだと思う。サブメンバーの選手ははスタメンの選手より重要なタスクがあると僕は思います。

中央大学サッカー部のA1.A2.Bのサブメンバーの選手達へ
中央大学サッカー部を強くするには、今いるカテゴリーを強くするにはサブメンバーの力が絶対に必要です。普段の練習が少しでもぬるいと感じたらそれはサブメンバーの責任です。サブメンバーが上へ行くことをやめた瞬間チームは終わります。遠慮なんて一切いりません。常に目をギラつかせてスタメン組を脅かし、追い越してやりましょう!



ある先輩に言われた言葉があります。
「チャンスは必ず何回かくる。そのチャンスがくるまで待て。そのチャンスで決めろ。」
この人の言葉は説得力がありすぎて困ってしまいますが、僕は次のチャンスがくるまで最高の準備をし続けたいと思います。


何が言いたいのか、少しでも理解していただけたらと思います。一人一人の向上心で中央大学サッカー部を強くしていきましょう

  
  
  
  
2019/05/04 20:31
1
前月←   2019年5月  →次月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
お問合せ中央大学サッカー部 スコア速報 by Player! 中央大学サッカー部 スコア速報 by Player! CHUO SPORTS ACADEMYU-15 試合ブログ
Copyright © CHUO UNIVERSITY FOOTBALL CLUB. All Rights Reserved.