〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1 多摩キャンパスサッカー場

中央大学学友会サッカー部オフィシャルサイト

早坂翔(4年 経済学部)
○プロフィール○
早坂翔(はやさか しょう)
ポジション:MF
横浜F・マリノスユース出身
 
幼稚園のころに友人がサッカーをしていたことがきっかけでサッカーを始めました。しかし練習の初日に、ルールが分からずオウンゴールをしてしまい、泣いて帰りました。幼稚園ではその1日でサッカーを辞めました。本格的に始めたのは小学生に入ってからです。
 
中大はプロサッカー選手を多く輩出していたので、そういったレベルの高いところでサッカーがしたかったのが中大を選んだ理由です。また学力が高かったのも中大に惹かれた1つの理由です。
 
中大に入ってから自分は、色んな悔しい経験をしました。1年生、2年生の時の自分はその悔しいことがある度に、自信をなくしたり、周りに矢印を向けてばかりいました。だけど最近になってから自分は、「逆境を楽しむ」ことができるようになってきました。何か自分にとって嫌なことがあると、そのことから逃げたりしがちですが、その悔しいことや苦しいことに真正面から向き合えば、必ず成長するためのチャンスが転がっていると思うようになりました。
だから自分は逆境が来た時、その時はめちゃくちゃ辛かったり、悔しかったりしますが、できるだけ早く自分と向き合って、ポジティブに捉えるようにしています。そしてその状況を楽しんでいます。
 
僕はMr.Childrenさんが大好きです。中でも「羊、吠える」という歌が大好きで、そのサビが「狼の血筋じゃないから、いっそ羊の声で吠える。バカみたいと笑う君に気づかぬふりしながら」という歌詞なのですが、僕はこの歌にとても共感しました。想いはあるけど周りの目を気にして、あるいは自分さえ良ければいいと思って、何もしない人間よりも、ダサくても自分の想いを心から叫んでるやつの方がよっぽどかっこいいと思えるようになりました。そしてそういう人間が本当に成長できるんだと思うになりました。チームの中では今、一人一人が変わろうとして、必死こいて色々と考えて発信してくれたり、自分は何をするべきか、考えて考えて行動してくれている人間がたくさんいます。元々そういうのが苦手な人間だって、チームのために声を出してハードワークしてくれています。こういう姿は本当にかっこいいと思います。
大学4年間には成長するチャンスがたくさん転がっています。どんなにうまくいかないことがあっても、逃げずに、ブレずに、その状況を楽しんで、乗り越えていってほしいです。
そしたら4年間は最高なものになるはずです。
 
全員の想いを一つにして、残りのシーズンを闘おう。俺たちならできる。

  
2017/11/17 18:18
井上拳(4年 商学部)
○プロフィール○
井上拳(いのうえ けん)
ポジション:FW
神奈川県立鎌倉高校出身
 
「自分はなぜサッカーをするのか。」
振り返ると、自分の大学サッカーは、
この問いに対する答えを見つけるための4年間だったのだと思う。
 
自分は残念ながらサッカーが上手いわけではない。
中大サッカー部での4年間をずっとBチームというカテゴリーで過ごしてきた。
そんな自分の言葉が誰かの心に響くかはわからないけれど、
今、あの時の自分と同じように悩み、もがいている誰かに届くと信じて、ブログを書いてみようと思う。
 
大学サッカーの4年間は苦悩と挫折の連続だった。
1年生の頃、ただ、がむしゃらに練習についていくことに必死だった。
2年生になっても、なかなか試合に出れなかった。
3年生になって、自分の立ち位置がだんだんとはっきり見えてくるようになった。
今まで目を逸らすことができた現実が、もう自分を逃してくれなくなった。
 
自分はサッカーでプロにはなれない。
 
この組織に自分の存在意義はあるのだろうか。
自分はなぜここでサッカーをしているのか。
 
そんなことを考える日々が長らく続いた。
自分はなぜ、サッカーというスポーツを選択し、続けてきたのか。
今まで何のためにサッカーをしてきたのか、思いを巡らせた。
 
その問いに対して自分が出した答えは、「人間的成長」だった。
 
思い返してみると、
サッカーが今まで自分に与えてくれたものは、限りなく大きく、たくさんあった。
毎日、目の前に現れる壁に対して挑み、自分と向き合い続ける。
努力して、たとえ結果がついてこなくても、自分に矢印を向け続ける。
そんな日々が、自分を大きく、強く成長させていることに気がついた。
自分の弱さと向き合いながらも、自分という人間の存在意義を見出すために
もがき続ける日々は決して無駄にはならないのだと。
 
そのときに初めて”日本サッカーの父”と呼ばれたデットマール・クラマーが遺した
「サッカーは子供を大人にし、大人を紳士にする。」という言葉の真意を理解した気がする。
 
きっとサッカーには、小さな人生がギュッと凝縮されて隠されている。
 
 
そして今、自分はこの中央大学学友会サッカー部の一員であることを心から誇りに思う。
サッカー部に入らなかった自分を想像するのが怖いくらいに。
しかしそう思えているのは、最高の仲間たちがいるからだと日々痛感する。
 
自分を認めて必要としてくれる、信頼してくれる仲間がいる。
こんな幸せはきっと他にはない。
大学を卒業して最後に残るのは、仲間との絆だと自分は思う。
 
だからこそ後輩たちには、毎日”信頼”を積み上げていってほしい。
”信頼の種”は、毎日の小さな選択に少しずつ潜んでいる。
ピッチの上でも、ピッチの外でも、それぞれがそれぞれの立場で、
一瞬一瞬を成長の糧に、仲間を愛し、チームを愛し、その輪をどんどんと広げていってほしい。
 
そして大学を卒業する時、
誰かに何かメッセージを届けられる人になっていてほしい。
その使命をこの4年間で見つけてほしい。
 
 
常に”その先にあるもの”を追い求めて。

  
2017/11/16 18:04
三島頌平(4年 商学部)
○プロフィール○
三島頌平(みしま しょうへい)
ポジション:MF
帝京大学可児高校(岐阜県)出身
 
(1)サッカーを始めたきっかけ
サッカーをしていた兄の影響で始めたのがきっかけでした。幼稚園のサッカークラブがあり、5歳でサッカーを始めました。そこから当たり前のように毎日ボールを蹴るようになりました。将来はプロサッカー選手になると考えるようになり、今まで続けてきました。
 
(2)中央大学を選んだ理由
まず、プロか大学サッカーという選択肢の中、今のままではプロでは通用しないと考え大学サッカーで4年間鍛えて、プロを目指そうと決意しました。
大学サッカーはあまり知りませんでしたが、中大はプロ選手を多く輩出していたので興味を持ちました。高校2年の冬に当時GMの佐藤健さんに岐阜にまで足を運んでもらい、声をかけてもらったのをきっかけに、熱心にやりとりしたことが決め手となりました。
 
(3)大学に入ってから今までの心境の変化、残りの期間やっていきたいこと
大学サッカーは高校サッカーに比べてフィジカルコンタクトの部分など激しさがあるので、フィジカル部分の改善やポジショニングなどのスキルで補うことを意識しながら日々取り組んでいました。プロで通用するにはどうすれば良いかを考えるという点が大学に入ってからより一層変化した点だと思います。
残りの3ヶ月はプロサッカー選手になるという個人としての目標のためにスキルアップし、結果を出したいです。また、それ以上にチームが1部昇格するために自分が持っている力を全て出し切りたいという想いが強くあります。どんなに泥臭くても、結果にこだわり、チームのプラスになるように全力を注ぎたいです。
 
(4)後輩へのメッセージ
自分からは言える事は時間の使い方です。
4年間は長いようでとても短いです。
なので今何をしなければならないか、という事を常に考えて行動し、時間を有効的に使う事がとても大切です。
あとから後悔する事がないように色々な事を考えながら大学生活を過ごして欲しいです。

  
2017/10/31 15:35
藤田祐平 (4年 経済学部)
○プロフィール○
藤田 祐平 (ふじた ゆうへい)
ポジション:MF
浜名高校(静岡県)出身
 
 
(1)サッカーを始めたきっかけ
 
幼い頃から友達と遊びでサッカーをすることが好きでした。本格的に始めたのは、小学校1年からで兄が少年団に入っていた影響で入りました。
 
(2)なぜ中大を選んだか
 
高校の時に一度中央大学へ練習参加する機会があり、その時サッカーのレベルの高さを実感しました。ここでサッカーがしたいと思ったのと、勉強のレベルも高いので、入学を決意しました。
 
 
(3)大学に入ってから今までの心境の変化、残りの期間やっていきたいこと
 
まず、大学に入学してからここまで、同じ学年の仲間の存在は本当に大きく、刺激を受けることが多かったです。この仲間に出会えたことに感謝しています。
 
自分は、4年間一度もトップへ関われず、悔しさと同時に自分の不甲斐なさを痛感した4年間でした。しかしそんな中でも、自分が常に意識したことは、「視野を広げる」ということです。
そして深く感じたことは、当たり前に存在しているグラウンドやボール、仲間、環境が当たり前のものではなく、かけがえのないものであり、本当に多くの人に支えられてサッカーができていること。サッカー以外にも周りには尊敬できる人、素晴らしい人が多く存在していて、その人達から学ぶこともたくさんあること。この2点です。
 
1歩視野を広げるだけでも、きっと色々な発見があると思うので、時間がある今だからこそ、色んな価値観や考えに触れることが大切だと感じました。それがきっと、大学生活の中で多く迫られる人生の選択において、後悔しない選択ができる糧となると思います。
大学生活は本当にあっという間なので、今を大切にし、周りに目を向け、1選手として、人間として、成長して下さい。
 
これが後輩に伝えたいことです。
 
最後まで、中大の勝利の為に力を尽くすと共に、この仲間と過ごせる時間を大切にしていきます。

  
2017/10/24 17:37
今井俊之介(4年 法学部)
〇プロフィール〇
今井 俊之介(いまい しゅんのすけ)
ポジション:DF
高輪高校(東京都)出身

⑴サッカーを始めたきっかけ
兄の影響です。兄がサッカーをやっているのに憧れて始めました。
父と兄と3人で公園や校庭でよくボールを蹴っていたのを覚えています。

⑵なぜ中大を選んだか
高校3年の時、大学を選ぶ際に、高校ではサッカー優先でサッカーに対して時間を使いたかったので受験ではなく、指定校推薦を選びました。でも、大学選びに関しては、指定校推薦のある大学の中で、サッカーよりも勉強面を重視して、大学、学部、学科を選びました。
中大に入学して、サッカー部に入部することを決めたのは、周りに刺激となる人間がいる集団に入ることが、自分の大学4年間を充実したものにすると考えたからです。自分は弱い人間で、周りの人や環境に左右されやすいとわかっていたので、より志の高い人が多いサッカー部に身を置くことで、自分を高めていき、そして、その中で自分にしかないことを見つけて磨いていこうと考えていました。

⑶大学に入ってから今までの心境の変化、残りの期間やっていきたいこと
立場というものが4年間で色々変化したので、心境の変化も正直ここでは書ききれないほどたくさんありました。
ただ、心境の変化がある中でも、入部当初から今まで、「自分がサッカー部にいる意味を見出し続ける」ということを変わらずにずっと考え続けてきたので、今の自分があると思っています。
なので、残りの3ヶ月も、今までと変わらず、「自分がサッカー部にいる意味を見出し続ける」ことを意識して、行動し続けようと思います。
ピッチ内外の両方で、より一層チームに貢献していきます。

⑷後輩へのメッセージ
何をするにも考えることはとても大事なことだけど、ただ考えているだけでは意味がなくて、行動を起こさなければ何も生まれないということが、たくさんあると思う。
行動を起こすことは怖いし、面倒だし、勇気のいることだけど、行動を起こした時に、それが成功だろうと失敗だろうと、自分の中の何かが変わって、それが自信を生み出していくんじゃないかなと俺は思ってる。
だから、みんなも色々なことに恐れずに行動を起こしてみてほしい!
自分自身まだまだ行動を起こせないことが多いから、こんな偉そうなこと言えないんだけど。

今シーズン残りの2.3ヶ月、一人一人がチームのために行動を起こして、最後はみんなで笑おう!

  
2017/10/22 16:40
星川賢吾(4年 文学部)
○プロフィール○
星川 賢吾(ほしかわ けんご)
ポジション:DF
栄東高校出身(埼玉県)
 
(1)サッカーを始めたきっかけ
友人がサッカーをやっていたことと、当時テレビで見たキャプテン翼に影響を受けてサッカーを始めました。
 
 
(2)なぜ中大を選んだか
高校の部活の引退後、サッカーから離れていた時期がありました。将来のことも踏まえて、自分は今後どうしたいのだろうと考えました。
最終的にたどり着いた答えは、やはり大学でもサッカーを続けたいということと、レベルの高い環境でプレーしたいということでした。その後、縁あって中大サッカー部に入部することになりました。
 
 
(3)大学に入ってから今までの心境の変化、残りの期間やっていきたいこと
入部してから長い間、練習についていくことで精一杯で、部にも上手く溶け込めず、自分は場違いであると感じることがありました。
それでも、真剣にサッカーに取り組む周囲の仲間に刺激され、もっと上達したいと、それまで以上に強く思うようになっていきました。
4年間、自分の至らなさを感じたり、惨めな思いをしたこともありました。
どんな立場、状況であれ、同じスタンスで物事に取り組み続けることの難しさも実感しています。
 
ただ、それらの経験を通して、自身の未熟な部分と向き合い、改善しようと取り組むこと自体が、サッカーに限らず、非常に重要なことだと感じるようになりました。
また、サッカーを通して、これからの自分の身に起きることは、基本的に全て自己責任であり、自分次第であると考えるようにもなりました。
その結果、今いる環境や周囲の人に感謝できるようになり、気持ちも楽になりました。
 
残りの3ヶ月は、個人のことだけではなく、チームの1部昇格という目標に対して貢献できるように、4年生の立場として何を残せるのかを考えながら過ごしていきたいです。
 
 
(4)後輩へのメッセージ
自分の立場から言えることは限られていますが、サッカーのように、目標を持って何か一つのことに取り組み続けることは、非常に価値あることだと思っています。
特に、自分が大学サッカーから学べたことは、ここに書ききれない程あります。
だからこそ、どの立場に居ようとも、日々何かを学び取れるように、毎日を大切に過ごして欲しいです。
また、それぞれが当事者意識を強く持つことの重要性を今は感じています。
それは試合に出て活躍してやると思うこともそうだし、ピッチ外でチームのために動くこともそうです。
より強いチーム、より良いチームになるためにも、一人ひとりがチームにとって欠かせないような存在になることが大事だと思っています。

  
2017/10/19 14:37
清水一輝(4年 商学部)
○プロフィール○
清水 一輝(しみず かずき)
ポジション:MF
神奈川県立座間高校出身
 
(1)サッカーを始めたきっかけ
友達と幼稚園のサッカークラブに入りました。その子がやるから自分もやるという感じで最初は主体的ではありませんでしたが、やってるうちにサッカーの魅力に引き込まれていきました。
 
(2)なぜ中大を選んだか
そもそも大学でサッカーを続けるか迷っていました。しかし高校サッカーを引退し、ほんの数週間サッカーと離れた生活を送っているだけで、今まで味わったことの無い虚無感に襲われました。そこで改めて自分はサッカーが好きで、自分にはサッカーしかないんだと認識することが出来ました。
そしてサッカー・学力のレベルが高く、指定校推薦でも部活に入れるなどの条件に合うのが中大だったので選びました。
 
(3)大学に入ってから今までの心境の変化、残りの期間やっていきたいこと
今まではチームの調子や勝敗などは二の次になっていて、自分のプレーさえ良ければどこか満足してしまっている自分がいました。
でも今は違います。
大学生活で多くの事があり、多くの人と関わっていく中で、なぜ18年間という人生の大半をサッカーに費やしているのかを考えるようになりました。その答えは、どんなに辛く苦しいことがあっても、かけがえのない仲間と勝利の喜びを分かち合う瞬間が大好きだからでした。なのでそのことに気付いてからは仲間の為、勝利の為に自分を犠牲にしてもいいと思うようになりました。
素晴らしい仲間と最高の4年間だったと振り返ることが出来るように、残り少ない現役生活を全力で過ごしていきたいです。
 
(4)後輩へのメッセージ
自分と向き合い続け、いつか必ずやって来るチャンスを確実にモノに出来る準備を常にしておくべきだと思います。もし結果が付いてこなくても、ある目標に対して取り組んだその事実は、必ずこの先の人生に活きると自分は思っています。自分の信じることをやり続けてください。それが自分の為、組織の為になると思います。

  
2017/10/17 13:52
渥美瑛亮(4年 経済学部)
○プロフィール○
渥美 瑛亮(あつみ えいすけ)
ポジション:MF
ジュビロ磐田ユース出身
 
●サッカーを始めたきっかけ
幼稚園の時にフットサルをはじめ、ボールを蹴ることが好きになりました。そして小学校に入りすぐにサッカーをはじめて、両方通っていました
 
●大学に入ってから今までの心境の変化、残りの期間やっていきたいこと
自分にとって大学生活は本当にいい出会いが自分を成長させてくれたと思っています。尊敬する友人と関わって行く中でサッカーはもちろん、人間性の部分が少しずつ成長していると感じています。自分の事だけではなく周りの仲間の事を考える時間もかなり増え、チームの為に貢献したいという気持ちが強くなりました。残り3ヶ月という短い時間を中央大学サッカー部に全身全霊を尽くしていきます。
 
●後輩へのメッセージ
自分から言えることはあまりありませんが1つだけ、
自分の尊敬できる人と関わる時間を増やし、学ぼうとする気持ちを忘れないことです。
 
 

  
2017/10/13 14:10
坂井悠太(4年 文学部)
○プロフィール○
坂井 悠太(さかい ゆうた)
ポジション:MF
千葉県立八千代高校出身
 
(1)サッカーを始めたきっかけ
サッカーをしていた兄と父の影響で始めました。
 
(2)中央大学を選んだ理由
中大を選んだ理由は、4個上の学年に高校の先輩がいて、その先輩からサッカー部について話を聞いて、自分に足りないものを身につけられると思い中大を選びました。
 
(3)大学入ってからの心境の変化
入学してから、自分より遥かに才能のある人たちが自分よりもものすごく努力をしているのを見て自分の甘さを感じました。自分がどのレベルで周りの人とどのくらい差があるのか知ることができ、何をどのくらいやらなければいけないのかがはっきりしました。
残りの期間は、自分に無くて他人にある物を考えることを辞めようと思います。他人を真似したりすることはやめて、自分にあるものを信じて、チームのために全力で走りたいと思っています。どんな立場でも手を抜けば関東リーグ1部昇格はできないと思います。強い心とチームへの帰属意識が一番大切だと思います。
 
(3)後輩に伝えたいこと
後輩たちへ、
過ぎてしまったことやこれからの不安を抱きながら過ごすのなら、目の前のことを全力でやってほしいと思っています。落ち込むこともあると思うけど、人はいずれは立ち直るのだから、それはきっと早いほうがいいと思います。時間がかかってから立ち直るのも、今すぐ立ち直るのも、立ち直ることには変わりはないので。
それと、コーチや仲間の言葉は素直に聞いて受け止めてほしいです。自分に向けられた言葉を大切にしてほしいと思います。

  
2017/10/10 21:44
池谷友喜(4年 商学部)
〇プロフィール〇
池谷 友喜(いけや ゆうき)
ポジション:FW
ロアッソ熊本ユース出身

⑴サッカーを始めたきっかけ
父がサッカー関係の仕事をしていて、その影響で始めたのがきっかけです。
けれどずっと野球が大好きで野球選手になりたいと幼い頃は思ってました。父が熊本にチームをつくったことをきっかけにサッカーのみに専念して今に至ります。

⑵なぜ中大を選んだか
大学サッカーの中で中大はレベルが高いと思っていたし、実際に練習参加をして中央大学でサッカーをすれば成長できると思ったからです。

⑶大学に入ってから今までの心境の変化 、残りの期間やっていきたいこと
今まで過ごした3年半を通して、サッカーはもちろんのこと就職活動や役職の活動を通して人間的にも大きく成長できたと思っています。
3年時に何度も怪我をし、トップチームではなくA2というカテゴリーでサッカーをすることで、正直不安しかなかったです。練習後、河川敷で泣いていたりもしました。しかし、その経験があったからこそ自分を再度、見つめ直し知るきっかけにもなりました。それが自分を成長させてくれたと思っています。
もちろん変わってない所もあります。 熊本に「プロサッカー選手」として戻るという気持ちです。 父がクラブをつくって以来僕は、誰よりもこのチームに加入したいと心から思っています。熊本は僕にとって1つのJリーグチームではなく、クラブ以上の存在だからです。大学で熊本を離れてより一層その思いは強くなりました。立場的に難しい面も多くあることは確かだけど、この思いがあるからどんな困難で何度転んでもその度に起き上がってチャレンジし続けることができると思ってます。

⑷後輩へのメッセージ
僕からは後輩には大切にしてほしいと思っていることが3つあります。
1つ目は「夢、目標を持つこと」です。大学生活をしていく中で良いこともたくさんありますが、上手くいかないこともたくさんあって、そういう時に僕だったら上記で書いたように自分の目標やなりたい人物像をハッキリとイメージし、今の自分とを天秤にかけることで自分を奮い立たすことができると思うからです。
2つ目は「仲間を大切にすること」です。苦しい時、辛い時に必ずいるのが仲間です。自分も何度も仲間に助けられてきました。仲良し集団じゃダメだけど、お互いが刺激し合って助け合うことでチームとしても個人としても成長できると思うからです。
そして3つ目は、「いまを大切にすること」です。やり直すことのできない過去を悲しんだら「いま」が不幸になるし、まだ来てない未来を不安がっても「いま」をつまらなくしてしまう。だからこそ、今生きてるその一瞬を大切に悔いの残らないように過ごすことが特に時間のある大学生活では大切だと思うからです。 自分は先頭に立って引っ張っていくタイプではないけれど、チームのために、そして後輩のために「いま」を大切に過ごしていき、サッカーだけでなく私生活においても良い影響を与えれたらと思います。そして「昇格」という形で全員が最後笑って終えられればいいなと思います。

  
2017/10/08 16:54
1 2 3
前月←   2017年12月  →次月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
お問合せ CHUO SPORTS ACADEMYU-15試合ブログ
Copyright © CHUO UNIVERSITY FOOTBALL CLUB. All Rights Reserved.