新潟医療福祉大学サッカー部オフィシャルサイト

アクセスカウンターアクセスカウンターアクセスカウンター

新潟医療福祉大学サッカー部

Jリーグ アルビレックス新潟と連携する事で、今まで日本にはなかった大学サッカーの新たな形を作ることが出来る大学です。

☆ハード面

新潟聖籠スポーツセンター アルビレッジの施設でトレーニングが出来ます。
天然芝3面・人工芝3面の素晴らしい環境でアルビレックス新潟のトップチームのトレーニングもする場所です。
隣のグラウンドでプロ選手が練習をし、プロチームと練習試合が出来る環境は、他大学では絶対にありません。
また、隣接するクラブハウス内にあるトレーニングルームやシャワー室、ミーティングルームも使用できます。

☆スタッフ
【GM】
神田 勝夫
(アルビレックス新潟強化部長)
【監督】
佐熊裕和
(元桐光学園高校監督・元中国プロチーム監督)
S級ライセンス保持
【コーチ】
井手口純
(元横浜F・マリノス選手・元コンサドーレ札幌選手・元湘南ベルマーレ選手・元サンフレッチェ広島選手・元サガン鳥栖選手)
A級ライセンス保持
【コーチ】
高須理稔
(元INAC神戸レオネッサ監督・元韓国プロチーム監督・元新潟医療福祉大学女子サッカー部コーチ)
A級ライセンス保持
【GKコーチ】
 金井大樹
(元アルビレックス新潟選手・元カターレ富山選手・元ロアッソ熊本選手・元大分トリニータ選手)
C級ライセンス保持
【フィジカルコーチ】
山本晃永
(ワイズ・スポーツ&エンターテイメント代表)
高校選抜やプロチームで指導
【トレーナー】
平林怜
 
【アシスタントスタッフ】
嶋津羽雅奈
 

など経験豊富な指導陣が指導をしています。

☆指導方針

各学年15名程度のメンバーを選考し少数精鋭でチームを編成しています。
レベルの高いメンバー60名以下の少人数で練習をする事でコーチ陣も目が届き常に高いレベルの練習が出来ると共に、競争意識が倍増します。
また、全国で上位を狙う事やプロを目指すのであればオフザビッチも重要だとの観点から技術面だけではなく、礼儀や学習面においても高いレベルを要求します。

100人近い部員を抱え、試合の出場機会も少なく練習環境も厳しい大学が多くある中、理想の環境に近い大学だと考えています。

☆目指すサッカー

正確な技術と正確な判断を伴うクリエイティブなサッカーを目指しています。
DFラインよりボールを丁寧につなぎ中盤の構成と大きな展開により相手に読まれない攻撃を仕掛ける。
また、遅攻と速攻等局面に応じた最適なプレーを判断し実践する。
「全員攻撃・全員守備」をモットーにレベルの高いサッカーを実践する事で将来に繋がる選手の育成を行っています。

☆目標

「大学日本一とプロ選手の育成及び社会で通用する人間の育成」

Copyright©Niigata University of Health and Welfare Soccer Club. All Rights Reserved.