東北学院中学校・高等学校サッカー部オフィシャルサイト

クラブ紹介

東北学院は、仙台の地にある134年の伝統と歴史をもつキリスト教主義(プロテスタント)の学校であります。明治19年(1886年)「仙台神学校」として発足いたしました。その後、明治24年(1891年)「東北学院」と改称し、現在は幼稚園、中学校、高等学校、大学並びに大学院を持つ一貫教育の総合学園となり、関東以北の私学の雄として全国にその名を知られております。

その中にあって東北学院中学校・高等学校サッカー部は、大正13年(1924年)から活動を開始し、大正14年(1925年)松島 真 先生を初代部長に迎え、正式に「蹴球部」として認められました。過去に、全国高等学校サッカー選手権大会出場4回(第61回大会全国ベスト8)、全国高等学校総合体育大会出場10回(第25回大会全国第3位)、全国中学校サッカー大会出場7回(第47回大会、第50回大会、全国ベスト8)、高円宮杯全日本ユースサッカー選手権(U-15)大会出場1回という戦績を残しており、県内は勿論のこと東北でも強豪校として知られております。また、過去に日本代表選手(岩沼勝治郎氏、鹿井光雄氏、加藤 望氏、土橋正樹氏)やユース代表選手も輩出し、Jリーグでも、加藤 望選手(元柏レイソル)、土橋正樹選手(元浦和レッズ)、千葉直樹選手(元ベガルタ仙台)、菅間 望選手(元ベガルタ仙台)が活躍しました。また、平成26年(2014年)4月、シュミット・ダニエル選手(東北学院中学校・高校→中央大学→ベガルタ仙台)が地元ベガルタ仙台に入団し、その後、平成30年(2018年)、日本代表ゴールキーパーに選出、令和元年(2019年)からベルギープロリーグ1部・シント=トロイデンWに完全移籍し活躍しており、本校サッカー部出身のプロサッカー選手として現在も輝かしい実績を残し続けております。

平成17年(2005年)4月、それまで仙台の中心部にあった学校が宮城野区小鶴に移転開校し、当時、学校の施設としては全国的にも珍しいナイター照明付きの人工芝サッカー場が完成いたしました。平成27年(2015年)8月に人工芝の張替え作業も完了し、現在、この恵まれた環境で、中学生70名、高校生131名(令和2年6月現在)が、共に全国大会で通用するチーム作りを目指し、日夜汗を流しております。

本校は殆どの生徒が大学進学を目指している進学校であります。その中にあってサッカー部も文武両道をモットーに、学業優先の姿勢を貫きながら練習に精を出しております。因みに今春(令和2年3月)26名の卒業生を送り出しましたが、全員現役合格を果たし、国公立大学に1名(宮城教育大学)、私立大学に25名(東北学院大学5名、同志社大学5名、中央大学3名、関西学院大学2名、国際基督教大学(ICU)、青山学院大学、明治大学、立教大学、成城大学、東京農業大学、立命館大学、工学院大学、仙台大学、富士大学、各1名)の生徒が合格しております。今後もこの方針を貫き、あくまでも勝つことを目標としながらも、目的はサッカーを通しての人間的な成長に置いて、飛躍を期しております。

☆全国高等学校サッカー選手権大会出場・・・4回
  • 第20回大会(昭和13年)
  • 第21回大会(昭和14年)
  • 第61回大会(昭和58年)・・・全国ベスト8
  • 第66回大会(昭和63年)
☆全国高等学校総合体育大会出場・・・10回
  • 第16回大会(昭和56年)神奈川インターハイ
  • 第17回大会(昭和57年)鹿児島インターハイ
  • 第18回大会(昭和58年)愛知インターハイ
  • 第19回大会(昭和59年)秋田インターハイ
  • 第24回大会(平成元年)高知インターハイ
  • 第25回大会(平成2年)宮城インターハイ・・・全国第3位
  • 第29回大会(平成6年)富山インターハイ
  • 第33回大会(平成10年)香川インターハイ
  • 第35回大会(平成12年)岐阜インターハイ
  • 第52回大会(平成29年)南東北インターハイ(宮城県開催)
☆全国中学校サッカー大会出場・・・7回
  • 第33回大会(平成14年)奈良県開催
  • 第42回大会(平成23年)滋賀県開催
  • 第43回大会(平成24年)茨城県開催・・・全国ベスト16
  • 第45回大会(平成26年)高知県開催・・・全国ベスト16
  • 第46回大会(平成27年)北海道開催
  • 第47回大会(平成28年)富山県開催・・・全国ベスト8
  • 第50回大会(令和元年)奈良県開催・・・全国ベスト8
☆高円宮杯全日本ユースサッカー選手権(U-15)大会出場・・・1回
  • 第22回大会(平成22年)
部員&スタッフ
指導スタッフ
■役職名:中学校・高校 元総監督
■名 前:壱岐 洋治 先生
サッカーは子供を大人にし、大人を紳士にするスポーツである。(日本サッカー界育ての親.D.クラマー)勝つ事を目標としながらも、目的は、あくまでも人間的な成長にある。サッカーを通し健全な心を養うと共に、社会に貢献出来る人間を目指そう。
■役職名:高校部長
■名 前:千葉 秀俊
本校サッカー部は、中学校、高校ともに多数の部員を擁し、学内外問わず常に注目されています。部員一人ひとりが、その歴史と伝統を受け継ぐ者として、自覚と誇りを持って取り組もう!特に、自分で考え行動し、チーム(仲間)のために貢献するという姿勢を持つことを意識して、活動して欲しいと思います。
■役職名:高校監督
■名 前:橋本 俊一
技術や戦術はもちろんのこと、サッカーを通して、心に磨きを掛けよう!常に謙虚さと真摯な態度を心掛け、自分に厳しく、自分で考えて行動しよう!サッカーと勉強も車で例えるならば両輪であることを忘れずに、サッカーを取ったら何も残らない人間にならぬようサッカーと勉強の両立を果たそう!次のステップで、大いにチャレンジできる力を蓄えよう!!
■役職名:高校副部長
■名 前:佐藤 和也
「目標」はより高いステージで勝つことですが、「目的」はそれを通して成長することです。具体的には技術面での成長、身体面での成長、そして精神面での成長です。多くの選手は技術面・身体面を伸ばすことに関心がいきがちですが、学院生の諸君は精神面でも他を圧倒し、本当に強い選手・チームになれるよう日々のトレーニングに取り組みましょう!
■役職名:高校副部長
■名 前:村上 広大
皆さんには、周りから応援される人間になってほしいと思っています。本校の一つの顔であるサッカー部に所属する以上、家族や同級生、地域の方々にリスペクトされる態度、姿勢であるかを意識しながら普段の生活を送ってほしいと思います。それは、チームメイトに対してもしかりです。すべての部員が同じベクトルを向き、お互いを認め合える組織となれば、自ずと結果はついてくるはずです。1日1日を大切に頑張りましょう!
 
■役職名:中学校部長
■名 前:須田 圭紀
部活動はサッカーの技術の向上のみならず、それ以上に人間として成長を目標とします。まずは毎日このように活動できる環境に感謝しましょう。その感謝の気持ちが、挨拶や清掃というような行動にあらわれてくるように思います。一人ひとりがこのことを自覚し、チームに貢献しましょう。そうするとより良いサッカー部に変貌していくはずです。そうなっていくことを期待し、皆さんの活躍をサポートしていきます。
■役職名:中学校監督
■名 前:八木 博紀
サッカーに限らず、学校生活、家での生活等、自分を管理できない選手は目標を達成することができません。サッカー選手である以前に一人の人間として、自己管理、自律できるような人格の形成の手助けになればと考えています。
■役職名:中学校副部長
■名 前:佐藤 貴雄
強くて、伝統あるサッカー部に所属することになり、とても嬉しく思っています。同時に、注目されているクラブの一員であるという自覚と誇りを持って活動するべきだなと感じています。部員の皆さんが円滑に活動出来るようにサポートしていきますので宜しくお願いします。
■役職名:中学校副部長
■名 前:佐々木 賢之介
部活動はサッカーの技能だけでなく、心を成長させる素晴らしい機会です。自己を管理し、仲間を思いやり、充実した部活動を送ることで、かけがえのない思い出ができるでしょう。そんな素敵な思い出が皆さんを一生支えるのだと思います。一生懸命な皆さんのサポートに尽力します。
■役職名:高校コーチ
■名 前: 志田 真斗、早川 大登、阿部 哲矢
■役職名:中学校コーチ
■名 前:仙道 逸乙、石垣 翼、杉澤 倫太郎
■役職名:トレーナー
■名 前: 志小田 正人、中村 修平(しこだ接骨院)
 
東北学院高校サッカー部 卒業生 過去5年間の進路調査
※以下は、高校3年生の高校総体または高校サッカー選手権大会終了時まで在籍していた生徒の進路調査です。
※3年間、勉学と部活動を両立し、ほとんどの生徒が現役で大学進学を果たしています。
(合格者数は現役、浪人を含みます)
令和元年度(2019年度)卒業生26名 ※現役合格26名
進学先 戦績
宮城教育大学 1         県高校総体・第3位
選手権・県大会・第3位
※県新人大会・優勝
※東北新人大会・ベスト4
東北学院大学 5 同志社大学 5 中央大学 3
関西学院大学 2 国際基督教大学 1 青山学院大学 1
明治大学 1 成城大学 1 立教大学 1
東京農業大学 1 立命館大学 1 工学院大学 1
仙台大学 1 富士大学 1    
平成30年度(2018年度)卒業生28名 ※現役合格24名
進学先 戦績
高崎経済大学 1         県高校総体・ベスト8
選手権・県大会・ベスト8
東北学院大学 10 芝浦工業大学 2 関西学院大学 2
青山学院大学 1 明治学院大学 1 法政大学 1
駒澤大学 1 神奈川大学 1 帝京平成大学 1
創価大学 1 東北福祉大学 1 石巻専修大学 1
尚絅学院大学 1 就職 1 受験準備 1
平成29年度(2017年度)卒業生23名 ※現役合格17名
進学先 戦績
東京学芸大学 1 海上保安学校 1     県高校総体・準優勝
東北高校総体・ベスト8
選手権・県大会・準優勝
東北学院大学 4 同志社大学 3 明治学院大学 2
青山学院大学 1 中央大学 1 立教大学 1
日本大学 1 亜細亜大学 1 仙台大学 1
東北福祉大学 1 東北文化学園大学 1 受験準備 4
平成28年度(2016年度)卒業生31名 ※現役合格28名
進学先 戦績
宮城教育大学 2         県高校総体・ベスト4
選手権・県大会・ベスト8
東北学院大学 10 明治学院大学 5 同志社大学 3
関西学院大学 2 東京理科大学 1 立教大学 1
法政大学 1 日本大学 1 駒澤大学 1
神奈川大学 1 武蔵野大学 1 東北工業大学 1
受験準備 1        
平成27年度(2015年度)卒業生33名 ※現役合格32名
進学先 戦績
東北大学 1 山形大学 3 岩手大学 1 県高校総体・ベスト8
選手権・県大会ベスト16
※県新人大会・準優勝
※東北新人大会・第3位
長崎大学 1 高崎経済大学 1    
東北学院大学 7 明治大学 2 青山学院大学 2
同志社大学  2 関西学院大学 2 国際基督教大学 1
中央大学 1 日本体育大学 1 法政大学 1
明治学院大学 1 産業能率大学 1 立正大学 1
東京福祉大学 1 東北福祉大学 1 東北芸術工科大学 1
受験準備 1        
過去5年間の卒業生・総計 卒業生 141名

【国公立大学】

東北大学 1 東京学芸大学大学 1 宮城教育大学 3
山形大学 3 岩手大学 1 長崎大学 1
高崎経済大学 2 海上保安学校 1

【私立大学・その他】

東北学院大学 34 同志社大学 13 明治学院大学 9
関西学院大学 8 青山学院大学 5 中央大学 5
明治大学 3 立教大学 3 法政大学 3
東北福祉大学 3 国際基督教大学 2 芝浦工業大学 2
日本大学 2 駒澤大学 2 神奈川大学 2
仙台大学 2 東京理科大学 1 日本体育大学 1
成城大学 1 立命館大学 1 東京農業大学 1
産業能率大学 1 亜細亜大学 1 工学院大学 1
創価大学 1 帝京平成大学 1 東京福祉大学 1
富士大学 1 武蔵野大学 1 立正大学 1
東北芸術工科大学 1 東北工業大学 1 東北文化学園大学 1
石巻専修大学 1 尚絅学院大学 1    
就職 1 受験準備 7    

※合格者数は現役・浪人を含みます。

※本校出身のプロサッカー選手

シュミット・ダニエル選手(ベルギー1部・シント=トロイデンW)、千葉直樹選手(元ベガルタ仙台)、加藤 望選手(元柏レイソル)、土橋正樹選手(元浦和レッズ)、菅間 望選手(元ベガルタ仙台) ※その他、関東大学リーグ、東北リーグ等に数名所属

全国大会出場記念事業協賛金・協力金のお願い現役生のスケジュールフォトギャラリーオリジナル応援グッズのご案内関係者の皆様へOBの皆様へ
Copyright©TOHOKU GAKUIN FOOTBALL CLUB. All Rights Reserved.