帝京安積高校サッカー部オフィシャルサイト

クラブプロフィール

チーム紹介

帝京安積高校サッカー部は平成21年よりプロサッカー選手経験のある監督を迎え強化をはじめました。その成果も少しずつ表れ、平成23年度新人戦福島県大会での優勝から常に福島県内での大会で上位に進出しております。近年は全国大会出場まであと少しという状況が続いています。この状況からさらなる強化をはかるため、新グラウンドを建設しました。サッカーコートフルピッチ、ハーフコート、クラブハウスという非常に素晴らしい施設です。(一部建設中)トレーニング環境も充実し、今後さらに充実したトレーニングと自身と向き合うことやサッカー理解が進んでいくことができます。
また、各リーグにおいては2020年よりトップチームがプリンスリーグ東北に昇格し、セカンドチームも福島県リーグ1部(F1リーグ)にダブル昇格いたしました。1年生も東北ルーキーリーグ1部に所属し、全選手が高い意識を持って取り組める環境となっております。

チームの特徴・指導方針

帝京安積サッカー部はボールを握り相手を押し込んでゲームを進める事を考えてトレーニングを行い。今後のサッカー選手としての可能性を広げるうえでも、何でもできるチーム作り・選手の育成を行っております。ゲーム状況や対戦相手によってしっかりと戦術を組み立て、その中で選手が状況判断と決断を行い、活き活きと力強くプレーすることです。それはまさしく、世界に通用する「フットボールの追求」です。相手を観て、分析して、相手の状況や特徴を理解して全員で戦術を組み立てるスタイルです。将来的には世界に通用する選手の育成を目指しています。ゲームではボールを握り相手を押し込んだゲームを目指します。
また、トレーニングにおいても、常にフットボールの原理・原則と時期や次の対戦相手を考え、選手がしっかりと決断できる選手育成を行っております。
さらに帝京安積サッカー部はサッカーが上手である以上に「成長し続ける」を大切にしています。覚悟を持って取り組み、自身の課題と向き合い、いかに自分を成長させることを自覚していくかを常に問います。その覚悟・自覚・成長・自立のサイクルは卒業後の大学や社会に出ても大いに活かせるものと考えています。学校生活に置いても服装・挨拶・話の聞き方そして、人としての自身の「生き方」を考えることを大切にし、帝京安積で大人へと成長させることを考えながら指導しています。

学校環境
  • 大学4年間も合わせてサッカーと勉学に打ち込める環境があります。(高校卒業後の進路は大いに大切です。帝京グループの特権を使っての進学や就職が可能であり高校生活においてサッカーに集中できる環境が整っています。)
    特に教員を目指す選手は帝京大学に教育学部で各種教員免許状も取得でき、将来的な教師を目指す環境も整いました。毎年本校サッカー部からも多数の教員志望の選手が、帝京大学教育学部へ進学しています。
  • 本校には素晴らしいトレーニングルームが新たに改築され、ユース年代で非常に大切になってくるフィジカル強化ができる環境となりました。部屋、器具がJリーグクラブ以上の設備が整っています。定期的に身体の測定をし、トレーナーの指導の下、自身の身体の状態を把握、管理しフィジカル強化につなげています。
戦績
  • 令和1年度  プリンスリーグ東北昇格 (トップチーム)
  • 令和1年度  福島県1部リーグ昇格   (セカンドチーム)
  • 令和1年度  全国高校サッカー選手権福島県大会 第3位
  • 平成30年度 新人戦福島県大会 第3位
  • 平成30年度 全国高校サッカー選手権福島県大会 第3位
  • 平成30年度 インターハイ福島県大会 準優勝
  • 平成29年度 全国高校サッカー選手権福島県大会 準優勝
  • 平成29年度 インターハイ福島県大会 第3位
  • 平成27年度 全国高校サッカー選手権福島県大会 第3位
  • 平成27年度 インターハイ福島県大会 第3位
  • 平成26年度 新人戦福島県大会 準優勝
  • 平成26年度 全国高校サッカー選手権福島県大会 第3位
  • 平成23年度 新人戦福島県大会 優勝 
  • 第62回 全国高校サッカー選手権大会ベスト8(安積商業)
  • 第60回 全国高校サッカー選手権大会出場  (安積商業)
新グラウンド一面完成!中学3年生へtest01ジュニアユースGKスクールグラウンドアクセスお問い合わせ帝京安積高校帝京大学帝京平成大学帝京科学大学SOCCER SHOP KAMO福島県サッカー協会東北ルーキーリーグ花月ハイランドホテル報徳観光バス
Copyright©TEIKYO ASAKA FOOTBALL CLUB. All Rights Reserved.