木更津総合高等学校サッカー部オフィシャルサイト

合宿
波崎合宿3日目
波崎合宿3日目。1試合目。B1 VS 東京学館(0-2●)
 
初戦の相手は同じ千葉県の強豪 東京学館でした。アップから試合に入るまでは悪くありませんでしたが、相手はチームとしての完成度が高く、全ての面で上回られ、ゲームを支配されてしまいました。
前半11分に与えたバイタルエリアでのFKから失点。雰囲気を悪くし、その5分後に再び失点。後半は0で抑えたものの0-2で負けてしまいました。
内容は、両者合わせてファール19回、イエローカード4枚という大荒れな展開。うちの未熟さが原因で、高校生として相応しくない言動もありました。反省しなくてはなりません。
その他データとして、シュート=木総1本、学館8本。コーナーキック=木総0、学館3本。オフサイド=木総5回、学館1回。
対戦していただいた東京学館高校の関係者の皆様、本当にありがとうございました。とても多くのことを学ぶことが出来ました。
 
2試合目。B1 VS東京都立福生高校(1-2●)
 
1試合目の悪い流れをそのまま引きずったような試合でした。前半7分に相手コーナーキックから失点、前半27分に再び失点。0-2で後半へ。試合終了間際にFKを直接決めて1-2でホイッスル。
内容は、こちらも両者合わせてファール21回という荒れた試合となりました。ただし、後半に限れば「木総1回、福生9回」で、修正出来たことが伺え評価できます。ただし、シュートを7本打って、得点は直接FK1本のみというのは、明らかな決定力不足です。怪我や疲労で精度が落ちていたにしても、これでは今後勝っていくのは厳しいでしょう。
対戦していただいた福生高校関係者の皆様、本当にありがとうございました。
明日は最後の試合で勝って木更津に帰りましょう!

1試合目。B2 VS 日大山形(2-4●)
 
決勝リーグの初戦。選手全員が気合いの入った試合でした。
前半は相手を終始圧倒し、決定的なチャンスもありましたが、ゴールまで決めきれずに、前半を0-0で折り返してしまいます。後半は、相手の勢いが上回り、後半5分・15分と立て続けに失点をし、0-2とされ、前線に枚数をかけ、攻勢にでました。後半20分に1点取り返し、追いつくムードになったのですが、後半25分に失点をし、1-3にされ、それでも諦めずに、点を取り返し、2-3とし、さらなる攻勢にでますが、試合終盤に、また失点をしてしまい、2-4で試合終了しました。悔いが残る試合となりました。
2試合目。B2 VS 駿台学園(2-1○)
 
1試合目の悔いが残る試合から気持ちを切り替え、臨んだ試合でした。前半は相手の縦に速い攻撃に、苦戦し、前半5分に失点をしてしまい、不穏な空気が流れました。しかし、合宿で成長した選手達は、崩れることはなく、しっかりと立て直し、全員が体を張り、運動量を減らすことなく、戦い続けました。勢いがある相手に対して、サイドを起点に自分達の攻撃を組み立て、前半33分には、右サイドのクロスから点を取り返し、1-1で前半を折り返します。後半は、お互い決定的なチャンスを何度か作りますが、決めきれずに、時間が過ぎていきました。そんな中、後半28分に左サイドからのクロスに、ヘディングで合わせ、得点。2-1と逆転に成功しました。さらに攻め立てますが、3点目は奪うことができずに、試合が終了しました。選手全員が勝ちたいという気持ちを全面に出して戦った素晴らしい試合でした。
【 2018/03/26 更新】
Copyright©Kisarazu Sohgoh High School Football Club. All Rights Reserved.