木更津総合高等学校サッカー部オフィシャルサイト

合宿
波崎合宿2日目
波崎U-17合宿2日目。
1試合目。B1 VS 札幌光星(1-2●)
 
本日、B1チームの初戦は今年度選手権北海道3位の札幌光星高校とでした。アップの雰囲気を自分達で作れず、全く集中していないまま試合に入ってしまいました。前半は0-0でなんとか持ち堪えたものの雰囲気は悪く、後半5分で失点。後半31分に同点に追いつくも、試合終了間際に再び失点し、1-2で黒星をつけました。負けるべくして負けた試合でした。
 
2試合目。B1 VS 東京高校(2-1○)
1試合目の反省を活かして、2試合目の東京高校との試合はまずまずの入りをしました。が、前半24分に相手の素晴らしいシュートで失点をし、折り返します。ただ、内容では圧倒していたため、ハーフタイムでは前向きな声掛けをし、逆転できると信じて後半に臨めました。結果、後半29分にコーナーキックを直接決め、34分に逆転シュートを決め、2-1で勝利することが出来ました。この結果、グループ3位で明日は2ndリーグに進むこととなりました。改めて準備の大切さを痛感することが出来た一日となりました。

1試合目。B2 VS 帯広北(2-0○)
B2チームの方は、1試合目、帯広北高校と試合でした。
前半3分に左サイドを切り崩し、ファーストシュートで得点。その後も果敢にゴールへ向かうが、決めきることができません。守備の面では、時よりピンチを招きますが、サイドでのハイプレスで相手の攻撃を封じます。後半10分にスローインからチャンスを作り、シュートをうち、ゴールキーパーがはじいたこぼれ球を押し込み得点。2-0とし、さらに攻め立てるが、なかなかゴールを奪うまではいかずに、試合終了となりました。
2試合目。B2 VS 早稲田大学高等学院(2-2△)
前半1分に中央を切り裂くミドルシュートで得点。1試合目に続き、ファーストシュートで得点。その後も攻め立て、再三のチャンスを作るが、決めることができません。前半のピンチは数少なかったものの、クリアミスを相手選手に拾われ、寄せきれずに、ミドルシュートを打たれ、失点。前半を1-1で折り返します。後半は、足が止まる時間帯が増え、相手に裏を取られ、ピンチを招きました。相手のロングボールに対して、ディフェンスとゴールキーパーの判断が曖昧になり、相手フォワードにチャンスを与え、失点。その後は、サイドを起点とし、相手ゴールに向かいます。後半25分に、サイドバックの攻撃参加で、クロスをあげ、フォワードが合わせ、得点。2-2になり、そのままのスコアで試合終了となりました。
結果、B2の方はグループ1位通過で、明日から決勝リーグで戦うことになります。
本日も遠方まで応援に来てくださった保護者の皆様ありがとうございました。
【 2018/03/25 更新】
Copyright©Kisarazu Sohgoh High School Football Club. All Rights Reserved.