〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1 多摩キャンパスサッカー場

中央大学学友会サッカー部オフィシャルサイト


【更新情報】 関東リーグを振り返って
先日最終戦を終えました、関東リーグを振り返って、A1チームに所属する4年生からコメントをもらいました。4年間を通じて感じたこと、応援してくださった方々へのメッセージなど熱い思いを語ってくれました。ぜひご一読ください!

〇GK 飯吉将通(4年)
「今日でこのメンバー、中大でやれる最後の試合だったので楽しんで勝とうと思い試合に入りました。
試合はチャンスを決めきれずに失点を重ねて負けてしまい悔しい結果となってしまいました。
今年はコロナによってサッカーができることが当たり前ではなくなり、多くの人に支えられてサッカーができているというのを実感するシーズンとなりました。その中で結果的に2部降格という不甲斐ない結果になってしまったことを4年生としてとても責任を感じ、後輩には申し訳ないと思っています。
中大での4年間は、嬉しいこと辛いこと様々な経験をすることができました。また、最高の同期、先輩、後輩多くの素晴らしい出会いがあり、サッカーはもちろん人間性も大きく成長させて頂いき、中大に入ってよかったと思います。
進路はまだ決まっていませんが何かしらの形でサッカーに関わりたいと思っているので次の場所でも全力で頑張りたいと思います。
2部降格という不甲斐ない結果を残してしまいごめんなさい。頼りない先輩だったかもしれないけどみんなと一緒にサッカーできてよかったです。みんなの力なら1年での1部復帰絶対できるので頑張ってください!応援してます!
佐藤健監督、佐藤創コーチをはじめ、スタッフの皆様4年間ご指導ありがとうございました。無名校からきた自分がここまで成長できたのはスタッフの皆様のご指導があったおかげです。しかし今年は熱心なご指導を行って頂いたにも関わらず自分たちの力不足で2部降格という結果になってしまい申し訳ありません。1部復帰できるよう応援しています。本当にありがとうございました。
今年はコロナウイルスで変則的なシーズンとなったなか中大を応援していただき本当にありがとうございました。期待に応えられずに本当に申し訳ありません。ですが来年、後輩たちが1年で1部復帰してくれると思うのでこれからも中大への変わらぬご声援をよろしくお願い致します。1年間本当にありがとうございました。」

〇DF 深澤大輝(4年)
「まず、新型コロナウイルスの影響で様々な規制があった中で大会開催にご尽力いただいた方々、流通経済大学サッカー部のみなさんに本当に感謝しています。ありがとうございました。
今日は大学ラストマッチを後悔しないように試合に臨みました。結果は満足できるものではありませんが、今日の試合に後悔はありません。
今年はキャプテンとして不甲斐ない1年間になりましたが、ついてきてくれた後輩たちには本当に感謝しています。そして4年間で様々なことを経験することが出来ました。この経験を無駄にしないようにこれからのサッカー人生に生かし、来年からはプロサッカー選手として人の心を動かせるような選手になります。
監督、コーチ、トレーナー、マネージャー全ての方々のおかげで私たちは毎日全力で練習が出来ています。後輩たちには大好きなサッカーを思いっきりできる環境のありがたみを忘れずにプレーして欲しいです。
また、リモートマッチでも有観客試合でも応援していただきありがとうございました。引き続き中央大学サッカー部への応援をよろしくお願い致します。」

〇DF 松本大輔(4年)
「まず今シーズンは怪我が多く、チームに全く貢献できず大輝に大きな負担をかけてしまい本当に申し訳なく思っています。ごめん!!
大学4年間はサッカー選手として、そして1人の人間として大きく成長させてもらいました。本当に感謝しています。また、今シーズンは自分達が思い描いていたものとは全く違う結果になってしまいとても辛いシーズンになりました。4年の頼りなさ、実力不足を身に持って痛感しました。でもその分得られたものも大きかったです。なのでこれからは中央大学で得たものは次の世界でも通用することを証明していきたいです。
後輩へのメッセージですが僕から伝えられる事は一つです。それは誰にも負けない自分だけの武器を磨き続けて下さい。それを毎日当たり前のように練習して下さい。上手い選手や強い選手はたくさんいます。そこから一つ飛び抜けるには何か奏でたものがないとダメです。自分の今の実力に早く気づいて自分の武器を磨いてください。皆の才能をこの4年間で終わらせるのは勿体ないです。応援しています。
スタッフの方々には本当にお世話になりました。下手な自分を信頼して最後まで使っていただきありがとうございました。健さん、はじさんが『俺が教えたんだぞ』と周りの方に誇ってもらえるような選手になります。
最後に応援してくれた父母会の方々、OBの方々、そして中央大学メンバーのみんな本当に4年間熱い応援をありがとうございました!!」

〇DF 今掛航貴(4年)
「今年は怪我が多く、チームに迷惑をかけたこと、貢献できなかったことが本当に悔しいです。
この4年間は色々なことを経験し、学び、大樹のように太く、高く、強く成長したと思います。これらは自分の力だけではありません。これまでお世話になった先輩方や後輩たち、同期たちには言葉では伝えられないほど感謝感激です。悔しかったこと、楽しかったこと、みんなと喜び合ったことがもうできないかと思うとすごく寂しいですが、この4年間は次へ進む糧だと思っています。この4年間、こんな私と関わってくれてありがとう。
後輩たちへ、強くなりたい、上手くなりたい、試合に出たいと思うなら、自主練はいらない。決まった練習時間で100%以上出せればいい。先輩たち怖い、やりづらいじゃない。なら、そいつを削れ、自分からコミュニケーションを取りに行け。待ってたらいつまで経ってもそいつより上には行けないぞ!
自慢じゃないけど、自分で交代申し出れるくらいなれ!そんくらいの覚悟と勇気をもってやれ!
スタッフのみなさん、この4年間本当に迷惑かけました。ストレスを感じさせることが多々あったと思いますが、最後まで支えてくださり、本当にありがとうございました。また顔出しに行きます。たぶん。
最後に4年間応援して下さったみなさんありがとうございました。特に今年は結果が出ないにも関わらず、リモート応援、会場に来れる時は駆けつけて下さり、本当に感謝しています。まだまだ中央大学サッカー部は強くなります。今後も応援よろしくお願いします。」


〇MF 阿久津諒(4年)
「まず、コロナ禍という難しい状況で沢山の方々のご尽力のおかげでリーグ戦を行えたことに感謝します。
本当にありがとうございました。
結果としては、2部リーグ降格という不甲斐ない結果になってしまいました。
今年1年間だけでなく、大学4年間を振り返っても自身としては満足のいく結果ではありませんでした。
しかし、私の人生はまだこれから続きます。これからのサッカーのない人生は成功できるよう努力したいと思います。
下級生の皆さんは今年1年間僕たち4年生について来てくれてありがとうございました。
僕たち4年、今年の1年間を反面教師にし、来年からの厳しい戦いを勝ち抜いてください。応援しています。
最後に、ご指導いただいた監督、コーチ、トレーナー、ありがとうございました。
また、応援してくれた方々のおかげで頑張ることができました。
ありがとうございました。」

〇MF 村上達哉(4年)
「この仲間と出来る最後の試合を全力で楽しもうと思って試合に入りました。
ボールを支配しながらも結果的に3失点してしまい、今シーズンの悪い部分が出てしまいました。
この1年間新型コロナウイルスの影響で部の活動を自粛したり、連戦など大変な1年でしたが、それでも結果を残せなかったのは不甲斐ないと思ってます。
色々な先輩方から言われてきましたが、4年間はあっという間に終わってしまいました。
ですので後輩のみんなには時間を無駄にすることなくそれぞれの目標に向かって頑張って欲しいです。
健さんをはじめとするスタッフの方々、4年間熱いご指導ありがとうございました。手塚さん、新井さん、慎さんにも感謝申し上げます。
この1年間に限らず、中央大学サッカー部を応援していただき本当にありがとうございました。
来シーズンも応援よろしくお願いします。」

〇MF 阿久津諒(4年)
「まず、コロナ禍という難しい状況で沢山の方々のご尽力のおかげでリーグ戦を行えたことに感謝します。
本当にありがとうございました。
結果としては、2部リーグ降格という不甲斐ない結果になってしまいました。
今年1年間だけでなく、大学4年間を振り返っても自身としては満足のいく結果ではありませんでした。
しかし、私の人生はまだこれから続きます。これからのサッカーのない人生は成功できるよう努力したいと思います。
下級生の皆さんは今年1年間僕たち4年生について来てくれてありがとうございました。
僕たち4年、今年の1年間を反面教師にし、来年からの厳しい戦いを勝ち抜いてください。応援しています。
最後に、ご指導いただいた監督、コーチ、トレーナー、ありがとうございました。
また、応援してくれた方々のおかげで頑張ることができました。
ありがとうございました。」

〇FW 大久保智明(4年)
「中央大学での最後の試合だったので悔いなく、そして勝つために試合に入りました。最後の試合も負けてしまい悔しい気持ちが大きいです。

この1年間はコロナ禍の中で難しい事もありましたがたくさんの方の協力によりサッカーできる環境を作ってくださり感謝してます。その中で結果を出せず2部降格してしまったこと、怪我に悩まされたこと、チームメイトと上手くいかなかったことなど苦しいことが多かった1年間でした。苦しい事が多かったですがたくさん学ぶことができて感謝しています。
4年間大学に通わせてくれた両親に感謝してます。振り返ると4年間はあっという間でしたが大学の4年間は同期に最高な人たちがいたおかげで自分は成長できました。一生の財産になったと思います。ありがとうございます!
次の目標は、浦和レッズで開幕スタメンで2ゴールです!ここを目標にまず頑張ります!
後輩たちには今年一年苦労をかけてしまって申し訳ないです。僕たちを反面教師でも良いので何か学べたことがあればよかったなと思ってます。
来年も中央大学サッカー部は続くので自分たちらしくサッカーを楽しんでほしいです。学年関係なく主体的にチームのために頑張ってください。
健さん、はじさん、4年間指導してくださりありがとうございました。4年目で結果を出せず申し訳なかったです。自分がプロサッカー選手になることができたのは健さん、はじさんの元でたくさん学ぶことができたからなので本当に感謝してます。ありがとうございました!
こたさん、ちごのさん、高井さん、4年間ありがとうございました。怪我した時や、フィジカルで特に今年はお世話になりました。知識やコンディションを整えてくれてありがとうございました。
手塚さん、2年間ありがとうございました。自分が2年生の時にチャンスをたくさん頂けたおかげで試合に出れるようになりましたし、自信をつけることができました。新井さんは厳しい事をたくさん言ってくださり常に課題を与え続けてくれて成長することができました。ありがとうございます。
1年間応援ありがとうございました。2部に降格してしまい申し訳ないです。ただ中央大学サッカー部は続くので来年も中央大学サッカー部の応援よろしくお願いします。ありがとうございました!」

〇FW 本間椋(4年)
「今年はサッカーが出来た事自体が奇跡だと思っています。これは大学サッカーに関わる全ての人のお陰でプレーをすることが出来たのだと強く感じています。ありがとうございます。
関東リーグは思い出がありすぎて濃すぎる4年間でした。応援席から見た試合は悔しかったり、ベンチから見た試合は「活躍してやる」という気持ちでいたり、スタメンで出た試合はチームの代表としての責任があったりと、多くの経験をさせてくれました。ありがとうございました。
後輩には、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
全てを経験している3年生は、歴代の先輩たちの良いところだけを盗んでキャプテンを筆頭に自分達にしかない色で良いチームを作ってください。応援しています。
スタッフには沢山迷惑をかけました。サッカーしか取り柄の無い俺を成長させてくれてありがとうございました。
良い事も悪い事も教えてくれた先輩方、こんな俺がもう大学サッカー引退です。早いなー笑
中央大学に関わってる全ての方々のお陰で最高の4年間を過ごすことができました!ありがとうございます!そして何よりずっと俺の味方でいてくれた親には感謝してます。ありがとう!
では、またどこかで。
「本間椋の大学サッカー物語」これにて完結。」

〇FW 高窪健人(4年)
「今年はコロナウイルスの影響がある中で、関東リーグでプレーさせていただけたことに、とても感謝しています。
自分にとって、中大での4年間は色んな人の助けがあって、人として、選手として、成長できたと感じています。
これからは、もっと自分を高めていきたいと思っています。
後輩のみんなには、これからの活躍を期待しています。
スタッフの方々からは色々なアドバイスをいただき、感謝しています。それを今後にしっかり生かしていきたいと思います。
良い結果は残せませんでしたが、最後まで応援ありがとうございました。」

〇FW 三浦立(4年)
「 今年は、コロナウイルスの影響で通常通りのシーズンを行うのが困難な状況の中、本当に多くの方々が私たちをサポートして下さいました。そして、私たちはフットボールをすることができました。この場をお借りして感謝申し上げます。
 この1年間を振り返ると、個人としては、正直苦しみました。怪我をしない身体作りをずっとしてきましたが、継続的にプレーすることが出来ませんでした。それは、まだまだ向き合いが足りなかった証です。また、何よりチームへ自分の力を捧げることができず、自分の力を出し切ることができず悔しかったです。思い描いた四年目ではなかったのは、明らかです。
 しかし、この四年間を振り返ってみると今年に限らず毎年悔しい思いをしました。いつも最高の自分になろうと思ってきました。結果はいつかついてくる。そんなこと有り得ないと思います。もがき苦しまないと、向き合わないと、それを手にすることは出来ないとこの四年間で学びました。ですが、私がそのために取り組んだ四年間は少しだけ濃いい味になったことと思います。
 これから私は決断をしなければなりません。新しいチャレンジが待っています。また苦しむと思いますが、きっとそれもまた旨味になっていくと思うと、ワクワクします。
 後輩のみんなには、偉そうに何か言える立場じゃないので。ただ、みんなから、たくさんのことを学ばせてもらいました。ありがとう。最高の舞台を残せなくてごめん。みんなの活躍と成功を祈ってます。
 またスタッフの方々、ご指導ありがとうございました。必要とされる選手になりたかったです。
 そして、いつも中大を応援してくださった皆様。本当にありがとうございました。皆さんの応援無しにはこのチームは成り立ちません。これからも変わらぬご声援、ご支援の程よろしくお願い致します。最後に同期のみんな、ありがとう。」
【 2020/12/27 更新】
前月←   2021年4月  →次月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
マジオドライバーズスクール多摩校中央大学オンラインサロンお問合せ中央大学サッカー部 スコア速報 by Player! 中央大学サッカー部 スコア速報 by Player! CHUO SPORTS ACADEMYU-15 試合ブログ
Copyright © CHUO UNIVERSITY FOOTBALL CLUB. All Rights Reserved.