〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1 多摩キャンパスサッカー場

中央大学学友会サッカー部オフィシャルサイト

試合結果
【更新情報】関東リーグ第3節 vs早稲田大学 戦評
[戦評]第93回 関東大学サッカーリーグ戦
第3節 
 4/28(日) 14:00kick off
@味の素フィールド西が丘
中央大学 1-1 早稲田大学
得点者:加藤陸次樹

スタメン
GK飯吉将通(3年)
DF荒木遼太(1年)
     深澤大輝(3年)
     安部崇士(4年)
     今掛航貴(3年)
MF中村亮太朗(4年)
      宮城和也(4年)
      縄靖也(4年)
FW大久保智明(3年) 
      小山駿(4年)
      加藤陸次樹(4年)
 
リザーブ
GK坪井湧也(2年)
DF松本大輔(3年)
     塩崎悠司(2)
MF小野智史(4年)
      川元雄太(4年)
FW 太田翔(4年)
     上村尚輝(3年)


 〈前半〉

前半13分:早稲田大学、左サイドへサイドチェンジ、左からのクロスに飛び込まれるも枠の外へ。

前半14分:中央大学、加藤がドリブルで持ち込みミドルシュートを放つが惜しくもポストを叩く。

前半23分:中央大学、宮城のスルーパスに縄が抜け出し角度のない所からシュートを狙うもGKに阻まれる。

前半25分:早稲田大学、11番が背後へ快速を飛ばして抜け出しGKと一対一へ。あわや失点の場面も飯吉がビッグセーブ。

前半26分:早稲田大学、得点
早稲田大学 CK トリックプレーからのシュートを一度はブロックするもこぼれた所を詰められ失点。

前半40分:早稲田大学、左サイドからクロスを上げられ落としを34番にシュートを打たれるも、クロスバーに救われる。ありがとうバー。

前半44分:早稲田大学、8番がいなして左の11番がワンタッチで巻きシュートを狙ってくる。しかしここも、クロスバーが味方に。今日は守護神が2人だ。


前半終了

中央大学 0-1 早稲田大学


〈前半総括〉
中大・早稲田大学、共に決定機を作りアップテンポな前半に。中大は最後の部分の精度が後半求められる。また、早稲田大学の前線の個人技には気をつけたい。


〈後半〉

後半7分:中央大学、加藤が個人技でペナルティエリア内に侵入。相手に足をかけられたようにも見えたが、関東大学サッカーにはVARはまだ導入されてないとのこと。ノーファウルの判定。

後半14分:中央大学、カウンターから小山が粘り、縄へ。縄が得意のミドルを思い切りよく放つも惜しくも左にそれる。

後半27分:早稲田大学、右サイドから柔らかい裏パスに11番が抜け出しピンチを迎えるも飯吉がスーパーセーブ。

後半33分:中央大学、セットプレーから縄の前へボールがこぼれる。縄が自慢のテクニックを披露し左足でボレーを放つも相手GKのビッグセーブに遭う。


後半36分:大久保out、上村in

後半39分 中央大学、得点
中村のスルーパスに加藤が抜け出し、ゴールへ流し込む。執念の一撃。

後半39分:小山out、川元in

後半43分:中央大学、宮城のパスに加藤が抜け出しシュートを放つもGK正面。




後半終了


中央大学 1-1早稲田大学

 
〈後半総括〉
0-1で追いかける後半。終始中央大学がペースを握り何度もチャンスを作る。39分に加藤のゴールで追いつき、会場には逆転ムードが漂う。しかし、最後の最後で早稲田大学も身体を張ったディフエンスで意地を見せる。両チームとも、ハイテンションな後半だった。
 

〈総括〉

2連勝中の中央大学と2連敗中の早稲田大学のゲームは1-1での引き分けで終わった。勝利して3連勝とさらに勢いに乗りたいところではあったが、前年度チャンピオンは伊達じゃなかった。前半は早稲田大学の強力な前線の個人技に苦しめられ、一点ビハインドで後半を迎えることになっ中央大学。しかし、後半は中央大学がペースを握ると39分に加藤の待望の同点弾。逆転を狙う猛攻を見せるも早稲田大学の堅守に阻まれ惜しくも引き分けに終わったが、好ゲームだった。

(文責: 阿久津諒、三浦立)
【 2019/04/28 更新】
前月←   2019年8月  →次月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
お問合せ中央大学サッカー部 スコア速報 by Player! 中央大学サッカー部 スコア速報 by Player! CHUO SPORTS ACADEMYU-15 試合ブログ
Copyright © CHUO UNIVERSITY FOOTBALL CLUB. All Rights Reserved.