〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1 多摩キャンパスサッカー場

中央大学学友会サッカー部オフィシャルサイト


【更新情報】 関東リーグを振り返って

先日最終戦を終えました、関東リーグを振り返って、A1チームに所属する4年生からコメントをもらいました。4年間を通じて感じたこと、応援してくださった方々へのメッセージなど熱い思いを語ってくれました。ぜひご一読ください!

 

GK 佐川雅寛

絶対に勝つと言う気持ちで入りました。今までなかなか上がれずにいましたが僕たちの代であげることがてきてすごい嬉しかったです。サッカーをとことんやって行きたいと思います。一部でしっかりと勝ってインカレに出てほしいです。いつも応援ありがとうございます。僕たち4年は引退しますが中央大学サッカー部の応援は引き続きよろしくお願いします。

 

主将DF 山中登士郎

大学生活最後の公式戦なのでワクワクした気持ちと緊張した気持ちでした。

 

新チームで初めて挑んだ天皇杯予選が昨日の事のようで、あっという間の1年でした。1部昇格を果たすことが出来たのでホッとしてます。

 

サッカー選手として、1人の人として凄く成長出来た4年間でした。

 

国は決まっていませんが海外でサッカーをします。プレー出来るところでとことんサッカーを追求します。

 

これからの中央大学サッカー部を更に進化させてくれることを期待してます。サッカーが好きで、行動力がある後輩の皆んななら大丈夫。

 

今年1年間中央大学サッカー部を応援してくださりありがとうございました。皆さんの応援のおかげで1部昇格を決めることができました。来年は1部での今年より厳しい戦いが待っていますが、引き続き応援よろしくお願いします。

 

副主将DF 上島拓巳

大学最後の試合でしたが、特に意識することなくチームの勝利のために最大限のプレーをしようと試合に望みました。

今年は個人的にすごく難しいシーズンでした。年明けから思うようなプレーが出来ず、すごく苦しみ悩みました。しかし上手く行かない時でも、スタッフの方やチームメイトがそれをカバーしてくれ、このようか結果を得ることが出来ました。

この4年間良い時も悪い時もありましたが、それを乗り越え最終的に個人の目標、チームの目標を達成することが出来ました。この大学に進学して良かったと心から思います。

これからの目標はまずは柏レイソルを中心選手としてJ1へ復帰させること、2020年の東京オリンピックに出場することです。

後輩にはとても期待しています。素晴らしい能力を持った集団の集まりだと思うので、ピッチ内外において活躍していって欲しいです。

来年からはより厳しい舞台での戦いとなります。これからも中央大学サッカー部、そして卒業生への応援も引き続きよろしくお願いします!

 

DF 渡辺剛

今までお世話になった中央大学に俺はこれだけ成長したんだぞっていうのを見せようっていう気持ちで入りました。

4年目はあっという間でした。日本一の集団というテーマに向かってピッチ内外で一人一人が試行錯誤を繰り返すことができた濃い一年だったと思います。

この4年間は苦しいことや悔しいことの方が多かったかもしれません。でもその壁から逃げずに立ち向かえたことが今の自分の財産になっていると思います。

1年目から試合に絡んで行って東京オリンピックに出ること。

後輩達は何も言わなくても最高の中央大学を作ってくれると思うので言うことはありません。

4年間本当にありがとうございました。いい時も悪い時も応援してくださり、それが僕達の力となりました。この先も中央大学の応援よろしくお願いします。

 

DF 安在達弥

みんなとできるラストの試合をとにかく楽しむことと個人的に4年間ゴールがなかったので最後に点を決めてやろうと思い試合に入りました。

今年は大きな怪我をしてしまい4月〜8月までサッカーが出来ませんでした。その期間に感じた色々な気持ちが自分のためになったと思います。チームとしては慢心することなく練習から常に101%でプレーし成長することができた1年間でした。

4年間たくさんの壁にぶつかってきました。1人では乗り越えられないことも、同期の存在があったから乗り越えることが出来ました。この学年で過ごした日々が全部大切な思い出です。

これからはプロとしてサッカーを続けることができるので、たくさんの試合に出場できるように頑張ります!

後輩たちは来年1部で優勝できる力があると思ってます。11日を全力で後悔のないように過ごしてください。期待してます!

今までたくさんの応援ありがとうございました。来季は1部での戦いが待ってます。うまくいかない事もあると思いますが、ぜひ会場に足を運んでください。これからも中央大学の応援よろしくお願いします。

 

DF 樋口弘毅

個人の目標とチームの目標と進路について考え、全力で駆け抜けた激動の1年間でした。練習からレベルが高く何をするにもとにかく楽しかったです。関東1部に復帰することができて良かったです。

 4年間で悔しい思いをたくさんしました。試合に出られなくて、トップチームでプレーできなくて、怪我を繰り返して悔しい思いをしました。それでも諦めずに練習から全力で常に前を向いてきました。そのご褒美が4年の関東リーグの前期にありました。4年間仲間と切磋琢磨しながら全力で駆け抜けることができて幸せでした。

 「人を幸せにすること」「国益を支えること」です。18年間のサッカーで学んだことを社会に出て活かして活躍したいと思います。

 一人一人が中大サッカー部で1番に輝いて欲しいです。これだけは誰にも譲らないという武器をたくさんつくってほしいです。そしてチームのために死ぬほど闘ってください!

 いつも応援してくださりありがとうございます。皆様のおかげもあり2部優勝することができました。これからも中央大学サッカー部の応援をよろしくお願いします。

 

DF 藤崎雄太郎

「今シーズンは強い中大を示す事ができ、このチームを誇らしいと思った1年間でした。良い結果を出していた事ももちろんですが、結果を出すための過程に自信を持つ事が出来ていたことが充実感に繋がったと感じています。

私はこの4年間で悔しい経験を山ほどしました。試合に出られなかったり、A1からA2にカテゴリーを落とされてしまったり、絶好のチャンスを怪我で逃してしまったり。でも、それら全ては次の挑戦への教訓となり、自分の糧になっていく貴重な経験です。

後輩たちは可能性に満ち溢れています。活かすも殺すも自分次第なので、もっと自分に期待して頑張ってください。

今は大きな節目を迎えたばかりなので、まだ次の目標は見つかっていませんが、目の前の課題に全力で向き合う中で、見つけていきたいです。そしてどんな時も暖かい声援を送ってくださった方々、本当にありがとうございました。今後は自分なりに恩返ししていけるように頑張ります。今後も中大サッカー部をよろしくお願いいたします。」

 

MF 蓮見謙介

「自分にとって学生サッカー最後の試合だったので、幼稚園の頃から大学までで学んだこと全てをピッチで体現しようという気持ちで試合に臨みました。そして、自分が続けてきたことが正しかったんだということ証明したいと思っていました。

1年間ピッチの中でも外でもチームとして沢山の試練がありました。首位に立っている時も奢らずに、自分たちと向き合い続けたからこそ掴み取ることができた2部優勝&1部昇格だったと思います。

自分は1年生の時はB2チームでほとんど試合に出る事ができず本当に悔しい想いをしていました。正直、4年生の時にこのような経験ができるとは思っていませんでした。このような素晴らしい経験をする事ができたのはスタッフの方々、仲間のおかげです。本当にありがとうございました。

1番下のチームからでも這い上がれるんだ。」そんな勇気を周りの人に与える事ができていたら自分は幸せです。

来年の関東リーグ1部という舞台で中央大学サッカー部の「進化」を見せてくれると信じています。自分と向き合い、自分を信じて続ければ必ず自分に返ってきます。最後の最後の最後まで頑張って下さい。

今まで沢山の方に支えられて自分は楽しくサッカーをする事ができました。本当にありがとうございました。」

 

MF 前川優太

「今後の中央大学サッカー部に希望と可能性が見えた1年間だったと思います。

『日本一の集団』を目指す上で、「サッカーで日本一を獲る為の活動」と「全員が喜べるように帰属意識と愛を育む活動」を行なってきました。

しかし、シーズン途中は「これで本当に正しいのか?」と部員がチームの活動に対して、疑心暗鬼になった時もありました。

でも、信じて活動し続けた結果、『日本一の集団』が垣間見えた瞬間が確かにあったと思います。

 

4年間を振り返ると「辛い」の一言です。しかし、人として1番成長をすることが出来ました。充実感でいっぱいです。

 

次の目標は経営者になることです。

 

後輩へのメッセージは“リアリスト”になることです。

サッカーを一生懸命直向きにやれば、“いつか”急に才能が開花する。試合には出れていないけど、誰かが“いつか”必ず僕の実力を認めてくれる。現実はそう甘くはありません。

自分が行動を起こさない限り、そんな“いつか”は一生来ないです。

頑張って下さい!

 

応援いつもありがとうございます。中央大学サッカー部は長いトンネルをようやく抜けました。今後は後輩達がさらに飛躍させてくれます。是非これからも応援して下さい。」

 

FW 中村文哉

「集大成として感動を与えられる試合をしようと思い、試合に臨みました。

この1年間は個人としては苦しかった一年でしたけどチームとしては目標を達成できてよかったです。

4年間を振り返って満足いく4年間ではなかったです。けど同期の仲間、先輩、後輩と出会えたことがなによりも財産です。

次の目標は決まってないですけど自分らしく頑張りたいと思います。

来年は一部とゆう最高の舞台で闘えるので頑張ってください。

4年間応援してくださってありがとうございます。応援してくれている人たちがいたからこそここまで頑張ってこれました。本当にありがとうございました。」

 

FW 田中エリキ優一

「人生においても最後の試合になるかもしれない。自分らしいプレーと大好きなサッカーへの感謝の気持ちとそして何よりも楽しむ事だけを考えて試合に臨みました。この1年間は、関東リーグ初スタメンや初ゴールなど、4年間大学サッカーを頑張った自分へのご褒美のような、本当に幸せな1年間でした。この4年間を振り返って、試合に出場する機会が多かったとは言えませんが、とても充実した時間であり共に戦ったチームメイトやスタッフの皆さん、そして、サッカー人生をずっと支えてくれた両親には本当に感謝しています。後輩達は、悔いのない4年間にし学校には行きしっかりと勉強をしてください。関東リーグ1部での活躍を期待しています。これからも中央大学学友会サッカー部の応援宜しくお願い致します。」

 

FW 中畑天秀

「今まで書いてきたサッカーノートを見返して、自分の持てるものを全て出し切ろうという気持ちで試合に臨みました。この4年間は出場機会があまりなく、非常に苦しいものでした。しかし、自分と向き合うことで、一つ壁を乗り越えた大切な4年間だったと思います。社会人になってからの目標は「志」を持って生きることです。そのために、残りの学生生活でさらに自分と向き合い、この一瞬をどう生き切るかという軸を固めたいと思います。

後輩たちにも怠惰に学生生活を過ごすのではなく、時間を大切にして「いま、ここ」を生きて欲しいです。

4年間だけでなく、3歳からの19年間のサッカーを通して、たくさんの人に支えられてここまでこれました。ありがとうございました。

カメラ片手に毎週試合を観に来てくれた両親に、大学での活躍を見せることができなかったのは残念ですが、社会人での活躍を見せたいと思います。期待しててください。

今まで本当にありがとうございました!」

 

FW 櫻井昴

「試合にはとにかく最後のサッカーを楽しもうという気持ちで入りました。今年も昨年に続き怪我で満足にプレーができませんでしたが、仲間と目標を達成できたので良かったです。怪我を含め本当に辛いことばかりの4年間でしたがそれらを乗り越えて成長することができました。これからも成長し続けていきたいと思います。後輩にはさらに良い組織を作っていってほしいです。今後の活躍を期待しています。最後にこの4年間難しい時期を過ごした中大サッカー部を応援し続けて下さった方々に本当に感謝しています。引き続き応援よろしくお願いします。」

 

FW 大橋祐紀

「大学4年間はとても貴重な時間であったと感じています。

良き仲間に恵まれ、切磋琢磨できた時間は自身の成長にも繋がりました。

今年は目標であった一部復帰を決めることができました。来年、一部という場所で後輩達の輝く姿がみられることを期待しています。

ありがとうございました。」

【 2018/12/06 更新】
前月←   2019年3月  →次月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
お問合せ中央大学サッカー部 スコア速報 by Player! 中央大学サッカー部 スコア速報 by Player! CHUO SPORTS ACADEMYU-15 試合ブログ
Copyright © CHUO UNIVERSITY FOOTBALL CLUB. All Rights Reserved.