〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1 多摩キャンパスサッカー場

中央大学学友会サッカー部オフィシャルサイト


【更新情報】第61回中筑サッカー定期戦(2軍戦)を振り返って
第61回中筑サッカー定期戦(2軍戦)を振り返って出場した4年生からコメントをもらいました!
 
○GK間嶋佑弥(4年)
「25分という短い時間の中で公式戦と変わらず、自分が持てる最高のプレーを見せることができるように集中して入りました。
4年生主体のチームで普段一緒にプレーしていない人が多い中、一つのチームとなれていたのは今までの様々な積み重ねの賜物だと思う。得点が取れないのが、4年生の課題だとも感じました。
得点を取ることが1番の課題だと思うが、自分がやるべきことはたった一つで「ゴールを守り続けること」これに尽きると思う。後期アイリーグは、グループ最少失点することが自分に求められていると常に考え、プレーしたい。
本日は応援してくださりありがとうございました。勝利を掴むことはできませんでしたが、A1・A2・Bチーム共に後期シーズンに向けて更なるトレーニングを積み重ね、成長した姿を見せることができるよう努力します。どうか今までよりもさらに熱い声援を中央大学にお願いします。」
 
〇GK保坂悠人 (4年)
「まずは、大会運営を円滑に行ってくれた、中央大と筑波大の後輩に大変感謝しています。私は3年間本大会の運営のお手伝いをしてきたので彼らの仕事の重さは理解しています。起こったであろう数々のイレギュラーを、おくびにも出さない素晴らしい仕事をしていたのではないかと思います。
次に1年生以来の4年チーム、負けたのは悔しいですがサッカーが下手な私が「最後まで彼らについてきてよかったと」心から思える堂々とした試合だったと思います。そしてOB戦でFWもやりましたが、走り続ける事は、GKとして苦しいすぎるものでした。90分走り続ける全ての選手をリスペクトしたいと思います。
最後に、応援しにお越しいただいた皆様、普段から部を支えてくださる皆様、その他私たちの生活の一部に溶け込んでいる皆様、全ての人に感謝の言葉を送りたいと思います。
ありがとうございました。」
 
〇DF長野周 (4年)
「4年みんなで勝利を掴もうという想いで試合に臨みました。普段一緒にプレーしないメンバーともコミュニケーションをとりながら試合を進めることができました。この中筑定期戦をきっかけにして、これまで以上に四年生が中心となって中央大学サッカー部を引っ張っていけたらと思います。応援ありがとうございました。」
 
〇DF三浦拓己 (4年)
「今まで共に頑張ってきたメンバーと一緒にプレーできる最後の機会なので、後悔のない試合にしようと思い試合に臨みました。
試合では予定外の形で目立ってしまい申し訳ないと思っています。後期のIリーグで挽回します。
今日は応援してくださりありがとうございました。」
 
〇DF立岩拓海 (4年)
「4年生だけで西が丘の地でサッカーをさせてくれたスタッフの方々、いつも最高の準備をしてくれるマネージャー、応援や補助学、サポートメンバーをやってくれた後輩たち、素晴らしいチームである対戦相手の筑波大学、そして今まで一緒にやってきた同期たちに感謝しながらピッチに入りました。
前日のトレーニングも同期だけでチームを組んでやらせてもらったのですが、それを含め本当に楽しかったです。リハビリをしている選手と共にプレー出来なかったのは少し悔しいですが、残り少ない僕のサッカー人生の中で掛け替えのない瞬間でした。
残り少ないとは言ったものの、幸いにもまだ総理大臣杯、各リーグ戦後期が残っているので全力で取り組み、楽しめたら良いなと思っています。
最後に日頃より支援してくださる皆様、いつもアツイ応援ありがとうございます。皆様の応援がすごくチームの力になっています。僕たちの「日本一の集団」への道のりはまだまだ長いですが、確かに繋がっています。これからも変わらぬアツイ応援をよろしくお願い致します。
稚拙な文章ながら、最後まで読んでいただきありがとうございました。」
 
〇DF林尚佑 (4年)
「 まず中央大学サッカー部員として最後の中筑が終わったと思うと、あっという間に終わったなと感じました。
 前期公式戦に一試合も出場してなかったので今回の試合は少し楽しみにしていました。
 試合の内容としては一軍戦みたいにスピード感のある試合はできていませんでしたが、四年生がそろっていたので連携がとれた息の合うプレーはできていたと思います。ですが、私を含めて体力がちょっと…25分ハーフでよかったです。結果は負けてしまいましたが、とても楽しかったです。
 あと約三ヶ月と短いですが、体力とゲーム感覚を戻して後期活躍できるように頑張ります。
 天気が悪い中足を運んでくださった保護者の皆様、少ない人数でも私たちのために応援してくれた選手の皆さんありがとうございました。」

〇DF 三ッ田啓希(4年)
「久しぶりの中大での試合で少し緊張しました。
自分が入ってから失点してしまったので悔しかったですが四年生のみんなと一緒に戦えた時間はすごく嬉しく楽しいものとなりました。
応援ありがとうございました!」
 
〇MF増田隆祐 (4年)
「僕自身は4年目にして初めての中筑定期戦だったのでとても楽しみでした。
試合はPKでの失点で不運もありましが、決定機を決めていればもっと違う展開になっていたと思うので悔しいです。
今後は大臣杯、関東リーグ、Iリーグ、インカレ全てで良い結果を出せるようチームで頑張っていきたいです。
応援ありがとうございました。」
 
〇MF中村拓斗 (4年)
「中筑戦という、伝統がある試合に2軍戦で出場できたことに感謝の気持ちを感じていました。それに加えて復帰してから久しぶりの試合だったので、緊張していましたが、楽しもうと思っていました。
急造でしたが、4年生主体のチームで負けたことは素直に悔しかったです。個人としては、思うように動けなくて色々な面で力不足を感じました。
リーグ戦前期をチーム全体として悔しい締めくくり方をしました。後期リーグ戦を良い形で終えるために、チームの勝利により貢献できるように励みたいと思います。
本日も応援ありがとうございました。ピッチ上の選手として、応援のありがたみを再確認することができました。今後とも応援のほどよろしくお願い致します。」
 
〇MF 及川大翔(4年)
「最高の環境で大好きな同期たちとプレーできる喜びを噛み締めて試合に入りました。
四年目にして考えていることまでわかる同期たちと1つのゴールを目指して最後まで戦うことができてとても幸せでした。
後輩たちにこんな先輩とサッカーができて良かったと思わせられるようなプレーを残り少ない期間でしていきたいです。
このような素晴らしい環境でサッカーをさせてくれた全ての方に感謝しながら、何か形で返せるように頑張ってきます。」

〇FW積田隼輔 (4年)
「全員で楽しく厳しく闘おうと思ってピッチに入りました。試合には負けてしまいましたが、これから先更に4年生が一体感を持ってチームを引っ張っていきたいと強く感じました。一日中応援してくれた下級生や遠いところまで足を運んでくださった保護者の方々ありがとうございました。」
 
〇FW田辺大智 (4年)
「めちゃくちゃ久しぶりの試合だったのでとにかく無事に帰ってくることだけを意識して臨みました。
早く調子を戻してチームに貢献できるように頑張ります。
応援ありがとうございました。」
 
〇FW 大木正也(4年)
「最後の中筑定期戦ということで、楽しみつつ勝負にこだわることを意識しました。
試合結果としては惜しくも負けてしまいましたが、改めて4年生のみんなとサッカーができている喜びを強く実感しました。
まだまだ自分のサッカー人生は終わりませんし、後輩に残したい結果や想いもあります。自分にできる精一杯の努力で結果を残し、残りのサッカー人生をこのチームに捧げていきたいと思います。
天気が不安定の中、たくさんの応援ありがとうございました。」

〇FW 堀巧(4年)
「4年生が集まって試合をするのは1年生次のマクロんカップ以来であり、おそらく最後の機会なので、結束力を見せつける気持ちで試合に入りました。
後半から野口監督代行の指示もあり、積極的な背後を狙う意識でした。
(相手が三浦選手を上手く抑えられなかったことが敗因に繋がったと思います。)
残り5ヶ月ほどとなった部活生活ですが、サッカーもそれ以外の部分でも何かを残せるよう頑張ります。
いつも応援ありがとうございます。結果が出ていない中でも、変化は起こっていると思いますので、是非期待してください!
引き続きよろしくお願いします!」
【 2019/07/13 更新】
前月←   2019年7月  →次月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
お問合せ中央大学サッカー部 スコア速報 by Player! 中央大学サッカー部 スコア速報 by Player! CHUO SPORTS ACADEMYU-15 試合ブログ
Copyright © CHUO UNIVERSITY FOOTBALL CLUB. All Rights Reserved.