〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1 多摩キャンパスサッカー場

中央大学学友会サッカー部オフィシャルサイト


【更新情報】Iリーグ(B)を振り返って

先日引退したBチームに所属する4年生から今シーズンを振り返ったコメント、そして4年間を振り返ったコメントと、後輩たち、応援して下さる皆様へのメッセージです。

ご覧ください!

 

〇GK 生亀達也

「残り90分で終わってしまうので楽しむことしか考えていませんでした。楽しむことで良い結果もついてくる、勝手にそんな気がしていました。

この1年間は頼りになる後輩たちに支えられました。4年がなかなか試合に出れない中でも後輩たちが引っ張ってくれ、最終節に最高の舞台を用意してくれたと思っています。本当に感謝しかありません。

4年間を振り返ると、天皇杯予選という1発勝負の舞台をベンチから見れたこと。この経験は一生忘れないです。こんな自分がA2チームで過せた2年時は本当に夢のような時間だったのだと今は思います。

この先は自分でも何が起こるのかわかりません。サッカーが常にあった生活がふと無くなるとどうなるのか。ただ、何があろうと新たな人生を楽しみたいと思います。

後輩にはいつくるかわからないチャンスに向けて頑張ってほしいです。こんな自分にもチャンスがあり、夢を見たこともあります。ただ、そのチャンスを掴む努力はしていませんでした。みんなにはチャンスが来た時に掴み取る準備を常にしていてほしいです。こんな俺にくるんだからみんなにも必ずきます。本当に頑張って!

新井さんには1年生の頃から本当にお世話になりました。サッカーがめちゃくちゃ大好きで、とにかく負けることが嫌い。そんな新井さんと共に最後を勝利で終えれたこと、本当に嬉しく思います。ありがとうございました。

今まで応援してくださった方々、本当にありがとうございました。チームメイトの応援はもちろん、保護者の方々やOBの方々、観戦に来てくれた方々のスタンドからの手拍子や声援がとても力になりました。自分は応援を耳に入れるくらい気持ちに余裕がある方が落ち着いてプレーできるため、本当に応援の力を感じていました。最高の応援を背にゴールを守れたこと、本当に幸せでした。

最後に、中央大学サッカー部でサッカーができて本当に良かったです。今までありがとうございました。今後も中央大学サッカー部をよろしくお願いします。」

 

〇DF 河端陸

「優勝、昇格のかかった試合であることはわかっていましたが、それと同時に、自分自身この中央大学のユニフォームを着て試合に出るのも最後だったので、今までの思いを全てぶつける90分にしようと思い、ピッチに入りました。

最高学年としての1年間は、苦しいことばかりでしたが、後輩たちが繋いでくれたおかげで、シーズン初めにたてた目標を達成することができ、本当によかったと思っています。偉大な後輩たちに感謝しています。

4年間を振り返ると、1度もトップチームに上がれず、試合にもコンスタントに出られない日々が続きましたが、最後に笑って終われたのは、そんな自分へのご褒美だったのかなと思います。

来年度からは、東京工業大学の修士課程へと進学させて頂くこととなりました。中央大学での4年間を無駄にしないためにも、しっかりと勉学に励み、再びスポーツに様々な形で関われたらと考えています。

会うたび必ずいじってくる沢山の後輩たちの力はとてつもなく大きく、頼りがいのあまり無い自分や、我々四年生をプレーで引っ張っていってくれました。来年からはよりレベルの高いリーグでの戦いになりますが、みんななら必ずそこでも頂点に立てると思っています。陰ながら応援しています。

新井さんには丸々4年間ずっとお世話になりました。なかなかチームの力となれず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。ただ、そんな自分にもずっと指導をして頂けたことにとても感謝しています。最後の試合では、新井さんの熱い気持ちを感じ、全員で闘い抜くことができました。4年間ありがとうございました。

熱い、熱い応援を送ってくれたチームのみんな、また試合を見に来てくださったたくさんの方々、遠くから応援してくださっていた方々には感謝の気持ちでいっぱいです。

来シーズンは、トップチーム、Bチーム共に1部の舞台で戦うことになります。これからも後輩たちの懸命に戦う姿を応援していただければ幸いです。

最後になりますが、今まで自分を支えてくださった人々のお陰で、ピッチ上で素晴らしい瞬間を迎えることができました。本当にありがとうございました。」

 

〇MF 梅原速人

「試合当日の1週間前から緊張とワクワクが止まりませんでした。ただ、試合直前のベンチで、あと90分しかサッカーができない寂しさが突然こみ上げてきました。あわや、試合前から泣いてしまうところでした。

この1年間、とにかく後輩と同期に恵まれたと思っています。リーグ優勝を果たすために、一人一人ができることを考えて行動してくれたおかげで、着実に成長してこれました。中には、著しい成長を見せ今年初出場を果たした選手や、試合の為にビデオを用意してくれる選手、おじさんの四年生を鼓舞してくれる選手がいました。そんな素敵な選手たちとサッカーができたことが私にとっては幸せであったと今染み染みと感じています。

4年間を振り返えると、サッカーという素晴らしいスポーツを通して、人として少しは大きくなれたかなと自信を持っていると共に、自分と向き合うことができない期間への悔しさが残ります。次のステージでの目標はまだ明確ではありませんが、自分と向き合い続けていき、サッカーのように熱くなれるものに出会えればと考えています。

後輩たち、大好きです。

最終節でみんなと喜ぶことができてよかった。一生の宝です。

これからも梅くんとご飯に行ってください。

新井さん、4年間ご指導頂き、ありがとうございました。私がここまで大きく変われたのは、新井さんの言葉があったからです。3年生の夏の鹿島合宿、試合後に私に声を掛け、サッカーへの姿勢とプレー面の両方において頂いた叱咤激励は、今でも鮮明に覚え、私を変えてくれるきっかけとなりました。本当に感謝しています。

最後に、中央大学サッカー部を応援して下さった方々、ありがとうございました。

今後とも変わらぬ応援を宜しくお願い致します。」

 

〇MF 堀田将弘

「サッカー人生をかけて絶対に勝利するという強い気持ちで臨みました。

この一年間は結果にこだわり、アイリーグの優勝を最終目標として日々努力してきました。長いようで短かった四年間、結果を残して来れなかったためこの最後で絶対に優勝が欲しかったので、最高の形で引退ができ幸せです。来年からは社会人としてですが、サッカー部での結果へ直向きに取り組む姿勢を忘れずに頑張りたいと思います。チーム全員で獲った優勝には新井さんをはじめ、同期や後輩たちにも本当に感謝しています。また、最高の応援が力になりました。ありがとうございました!」

 

〇MF 規矩智涼平

「・試合に入るときの気持ち

正直かなり緊張していて、フワッとした記憶しかないのですが、色々なことを考えずに自分のためにサッカーを楽しむという気持ちで試合に入りました。

 

・この1年間を振り返って

年度の初めに膝の怪我をして、2ヶ月スタートが遅れてしまったこともあってか、メンタル的に不安定な時期もありましたが、終盤にかけてパフォーマンスを高めていけて良かったと思います。最後の試合は出させてもらうという形でしたが、自分の出せる力を発揮できたのではないかなと思います。

4年間Bチームでの活動となり、出場した試合も数えるほどしかありませんでした。振り返ると、出したい結果に対してコミットする時間が足りなかったのだと思います。ただ、サッカーをする時間は何にも代え難いもので、大好きなサッカーを本気で楽しめたこの4年間は自分にとっての財産です。

IT企業の社長になって広瀬すずと結婚することが今後の目標です。

大好きなサッカーを、心の底から楽しんでください。

今までご指導ありがとうございました。中央大学で新井さんが指揮をとる最後の試合に出場できて、そして勝つことができて、幸せでした。4年間で新井さんから学んだことは多く、時には人生にとって重要な姿勢や考え方の話をしていただいたことが自分にとっては貴重なものとなっています。

4年間お世話になりました。

会場に足を運んでくださった方々、SNSなどで結果を楽しみにしてくださった方々、声を枯らして応援してくれた部員の皆さん、本当にありがとうございました。応援は本当に力になります。これからも強い中大を支えてください。よろしくお願いします。」

【 2018/11/30 更新】
前月←   2018年11月  →次月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
お問合せ中央大学サッカー部 スコア速報 by Player! 中央大学サッカー部 スコア速報 by Player! CHUO SPORTS ACADEMYU-15 試合ブログ
Copyright © CHUO UNIVERSITY FOOTBALL CLUB. All Rights Reserved.