〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1 多摩キャンパスサッカー場

中央大学学友会サッカー部オフィシャルサイト


【更新情報】Iリーグ(B)を振り返って
先日引退したBチームに所属する4年生から4年間を振り返ったコメントと新井コーチ、後輩たち、応援して下さる皆様へのメッセージです。
ご覧ください!
 
〇GK 松浦洋介
「今シーズンのスタート時には怪我をしていましたがそんな中でBチームの仲間たちが頑張っているのを見て自分ももっと頑張らなくちゃと思っていたのを覚えています。復帰してからはほとんど試合に出ることはありませんでしたが、常に自分ができることを探して取り組んで来たつもりです。
キーパーとして常に声を出し続けること、周りを見て後輩たちや同期とコミュニケーションをとること、そして試合に出ても出ていなくても当事者意識を持ち続けること。この3つを意識していました。今年のBチームにはこの当事者意識が足りなかったと思います。自分がチームを変えるという気持ちがないと組織として成功へ進むことはできないと思います。
4年間を振り返ると自分はほとんど試合に出ることが出来ませんでした。もちろんそれは自分の責任です。でもそんな自分を受け入れてくれる仲間がいて、試合に出られるように指導して下さるコーチの方々がいて、4年間やりきることができました。
しかし4年間やりきったという満足感だけを4年生の自分が持ってはいけないと思っています。Bチームをいい結果に導けなかったことに深く責任を感じています。後輩たちに申し訳ない気持ちでいっぱいです。
新井コーチには2年間指導していただきました。期待に応えられないことが多く、迷惑ばかりかけましたが新井コーチの下でサッカーができて人間的にも強くなれたと思います。最後の試合でも声を出し続けることができたのは新井コーチのおかげです。ありがとうございました。
後輩たちも頼りない先輩たちについてきてくれてありがとう。いいお手本とは言えなかったと思いますが、一緒にサッカーができて幸せでした。
またこれまで指導して下さった宮崎コーチ、奥山コーチ、山口GKコーチ、サッカーを通じて出会えた仲間達、指導者の方々、
そして16年間サッカーを続けさせてくれた両親に心から感謝しています。両親には大学で活躍する姿を1回も見せられませんでしたが、今までの恩を必ず返していける人間になります。
16年間サッカーを続けられて幸せでした。本当にありがとうございました。」
 
〇DF 今井俊之介
「チーム全体としては、今シーズンは、(須藤)岳晟を中心にチームを改革しようと色々なことを始め、チーム、そして部員1人1人が少しずつ変化しているように感じています。シーズンも終盤に差しかかり、確実にチームがいい方向に向かっていると実感しています。
個人としては、怪我の期間が長く、ほとんどプレーでチームに貢献することができず、不甲斐ないシーズンでした。後輩たちにプレーや行動で、何か示したいと思い、1年間やってきましたが、結果として、ほとんどプレーでは示すことができず、しかもIリーグ2部に降格させてしまい、申し訳ない気持ちと情けない気持ちでいっぱいです。まだ引退まで期間があるので、行動で示していきたいと思っています。
Bチーム全体としては、いいサッカーをすることやいいプレーをすることに固執してしまい、目の前のプレーに対する執着心であったり、精神的な強さであったり、サッカー選手として、持ち続けなくてはいけないものを見失ってしまっていたように思います。後輩たちには今年の悔しい経験を今後のサッカーに活かしてほしいと思っています。自分自身は来年からは社会人になるので、こうした経験から、まだまだ足りない部分がたくさんあると気づくことができたとプラスに捉え、この経験を無駄にせずに今後に活かしていきたいと思います。
新井コーチに指導していただいたことで、サッカーに対する考え方や価値観が変わり、視野が広がりました。2年生の時にはCSAでもお世話になり、とても感謝しています。3年間ありがとうございました。
後輩たちはこの前書いたブログ読んでください。
いつも中央大学サッカー部を応援していただき、本当にありがとうございます。1部昇格することや様々な活動を通して、恩返ししていきたいと思っておりますので、今後ともご支援、ご協力の程よろしくお願い致します。」
 
〇DF 大竹徳幸
「今シーズンは厳しい闘いでした。思うような結果が出ず、悩む日々でした。4年としてチームを引っ張っていくことができず、悔しい思いです。プレーでも4年としての姿も、後輩のみんなに何か影響を与えることができず、後悔は残したくなかったのですが、やり残してしまったことだと思っています。ただ、まだ関東リーグなど今シーズンの活動は終わっていないので、最後まで自分ができることを後輩に伝えていきたいと思います。
新井コーチ、今年1年間ありがとうございました。A2からの誘いがあった時の決断は今でも後悔はしていません。新井コーチからの熱い指導に試合の結果として応えることができず、すみませんでした。ただ、Bチームでサッカーができて、新井コーチのもとでサッカーができて、本当に良かったです。ありがとうございました。
後輩たちには、最初から自分には無理だとか、間違ってたらどうしようとか、ミスを恐れないでサッカーをしてください。サッカーを楽しんでください。目の前の壁から逃げずに立ち向かって、仲間を頼って乗り越えてください。Bチームから関東リーグで活躍する選手がたくさん出ることを期待しています。
最後に、今までずっと応援してくれた人、特に両親には感謝しかありません。ここまでサッカー続けられたのも、両親のおかげです。ありがとうございました。この先こんなに熱くサッカーがしている姿を見せることはできないかもしれないですが、少しずつでも今まで支えてくれた恩返しをしていきたいと思っています。今まで応援してくれてありがとうございました。」
 
〇DF 酒井太郎
「大学生活は試合に出ることがなかなか出来ず、苦しいものでした。しかし、見つめ直し自分の中で良い方向に少しですが、変化できたシーズンだったと思います。強い気持ちを持ち続け、自分の弱さに向き合い、過ごしてきました。
リーグ戦では苦しい結果となりました。4年としてチームのためにもっと伝えることや、姿勢を見せることが必要であったと思います。
新井コーチには3年間指導して頂きました。いつも迷惑をかけてきたと思っています。その分、チャンスをもらった時に期待以上の結果を出せるようにという気持ちが今年は特に強かったです。本当に感謝しているだけに、結果として残したかったというのが正直なところです。
後輩たちには本当に感謝しかありません。学年の枠を超えて、自分も様々なことを吸収できました。あまり先輩らしさはなかったですが、それでも声をかけてくれました。何か自分から感じたものがあれば嬉しいです。これからは今以上に先輩として伝えていくことを続けます。
応援してくれる多くの人たちがいました。感謝の気持ちがより一層強くなり、この支えがさらなる強さを与えてくれました。自分たちも残りのサッカー部として時間を応援してくれる方たちに何か与えられるように活動していきます。本当にありがとうございました。」
 
〇DF  星川賢吾
「個人としてもチームとしても全く結果を残すことができなかったシーズンでした。
4年間を振り返って、反省すべきことが多かったですが、それと同じくらい学びも多かったです。これからはサッカーグラウンドから、デスクにフィールドが変わりますが、4年間の経験を無駄にせず、成果を出せる人間になりたいと思います。
4年間素晴らしい環境でプレーできたこと、素晴らしい仲間たちに出会えたことに本当に感謝しています。監督、コーチ、スタッフの方々だけでなく、先輩、後輩の皆さんからも学ぶことがとても多かったです。また、ピッチ外でサッカー部を支えて下さったOBの方々や父母会の皆さま、マネージャーや広報、学連、部長、副部長の皆さまにも感謝申し上げます。4年間本当にありがとうございました。」

 
〇MF 清水一輝
「正直、自分自身4年間で1番悩み、苦しんだシーズンでした。
Iリーグで全国優勝することを目標にBチームに残ることを決意し、目標達成の為に1日1日を過ごしてきました。キャプテンに任命してもらったことで、より一層このチームの仲間と勝利の喜びを分かち合いたいと思うようになりました。しかし終わってみれば、降格という最悪の結果になってしまいました。これは紛れもなくキャプテンである自分の責任であると感じています。日々の取り組みに甘さがあったにも関わらず、そこを変えることが出来ず、とても悔しいです。新井コーチ、出場機会に恵まれなかった仲間、信じて応援してくれた仲間には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
ただ、頼もしい同期とこのチームをより良くする為に何度も話し合い、試行錯誤してきた
その時間は、決して無駄ではなかったと心から思っています。その時間こそが自分達の関係をより深めたと思います。
新井コーチには本当に感謝しています。全試合に出させてもらい、キャプテンを任せてもらい、ありがとうございます。今年Bチームに残ろうと決意したのも、新井コーチのもとでサッカーをし、全国優勝がしたいと思ったからです。強くしようと本気で指導してくださったのに、自分達がその期待に応えることが出来ず、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。現役最後の1年、新井コーチのもとでできて本当に良かったです。ありがとうございました。
後輩には今日が現役最後の日だと思って毎日を過ごしてほしいと思っています。そうすれば努力も惜しまずやるだろうし、妥協せずに取り組めると思うからです。もちろんそう思わずにその1日に全てを賭ける事が出来るならいいと思います。引退はあっという間です。あと1年ある、2年ある、3年あると思わないでください。後悔のない日々を送ってほしいです。
応援して下さる皆さん、いつも応援ありがとうございます。Bチームとしてはなかなか良い結果が出ず、期待に添うことが出来ずに申し訳ございませんでした。ただ、中央大学サッカー部としては関東リーグなどの闘いが残っていますので、変わらぬ熱い応援をよろしくお願いします。」
 
〇MF 萩原優一
「サッカーに加えて就活もあり、中身の濃い1年でした。大学最後のシーズン、自分たちが掲げたBチームでのアIリーグ全国大会出場という目標は達成できず、降格という結果になってしまったこと、個人としてもIリーグで結果を出せなかったことは本当に悔しく、後輩やスタッフ陣、応援してくれた人達には本当に申し訳ない気持ちです。自分の弱さが結果に出たと思いますし、その弱さを痛感したシーズンでした。
新井コーチには大学2年生の終わりから本当にお世話になりました。新井コーチが自分のプレースタイルの強み、弱みに気づかせてくれ、チームの中でどう生き残るかヒントをくれました。中央大学に入りそんな素晴らしいコーチの指導を受けることができ本当に良かったです。ありがとうございました。そして残りの期間よろしくお願いします。
後輩のみんなには、まずIリーグ降格させてしまい申し訳なかったです。もっと4年生として全体を見て、1人1人声をかけるとか、チームに何か良い影響を与えるような言動を意識できれば良かったけれど、その力が無く、頼れる先輩にはなれなかったと思います。そんな自分と最後まで闘ってくれてありがとう!後輩のみんなから刺激をたくさんもらってそれが力になっていました。残りの大学生活頑張ってください。
応援してくださった方々には最後にこういう結果になってしまい申し訳なかったです。今シーズンは勝てない試合が多い中、応援してくださりありがとうございました。
そして自分にサッカーを16年間させてくれた両親には本当に感謝しています。ありがとうございました。」
 
〇MF 藤田裕平
「今シーズンを通し、思うことは2つあります。
1つ目は、チームを連敗から救うことができず、降格させてしまったことです。今シーズン通してやってきたこと、練習で積み重ねてきたことが、結果として現れたと感じるとともに、4年としてそれを変えることができず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
2つ目は、試合終了の笛が鳴った時、自分は、練習の時も試合の時も試合までの準備の中でも、『もっとやれたことはなかったか』、『あの時もっとこうしとけば良かった』と正直考えることが多かったです。その時は全力でやっているように思えても、後々考えると、全然足りていませんでした。
今シーズンを通して、この後悔を少しでも少なくする為に『今、何をしたらいいか』と自分の中で模索し続けること、考え続けること、そして、終わるのはあっという間だからこそ、『今』にしがみついて生きていくことが何よりも大事だと痛感しました。
悔しい結果に終わってしまいましたが、応援してくださった方々、スタンドから最高の応援をしてくれた仲間、本当にありがとうございました。
これまでサッカーをするにあたり支えてくださった家族、スタッフ、周りの方々のお陰で、ここまでサッカーをすることができました。特に両親には、色々と心配や迷惑をかけてしまいましたが、今日まで応援してくださり、ありがとうございました。
そして、新井コーチ、2年時から大変お世話になりました。正直練習で新井コーチの求めることを達成出来ていたかといえば至らない所が多かったですが、自分にとっては学ぶことばかりで、新井コーチのもとでサッカーができたことを誇りに思います。
また、同じ学年の仲間、後輩、中大サッカー部みんなと本気でサッカーができ、良かったです。
感謝してもし足りませんが、関わってくださった全ての人に感謝しています。
本当に、ありがとうございました。」
 
〇MF 村石大樹
「今シーズンは3年次の怪我から復帰して活躍することを目指していた中で再び大怪我を負いました。その中でプレーヤーからアシスタントへと立場を移し色々な事を経験できたシーズンでした。もちろんチームとしても個人としても結果を出すことが出来ず悔しいシーズンでもありました。ただ新たな自分を見出せたシーズンにもなったかなと思います。
僕は新井コーチには感謝しかありません。新井コーチの横で学んだことをこれから先の人生に活かしていきたいと思います。本当にありがとうございました。
後輩に伝えたいことは、自分に起きた出来事から逃げないで欲しいです。人それぞれ苦しい事がこれからあると思います。そこで逃げるのではなく立ち向かって欲しいです。
そしてそこで支えてくれる存在を大切にして欲しいです。
僕は4年間本当に多くの人に支えてもらいました。プレーで感謝の気持ちを表現出来なかったことは申し訳ありません。ただ、応援してくださった皆様のおかげで僕は大きく成長出来たと思っています。本当にありがとうございました。」
 
 
〇FW 井上拳
「今シーズン、1戦1戦を勝ち切ることができず、結果として降格というかたちで終わってしまったことは、本当に悔しいです。自分にも、チームにもまだまだ足りないことがたくさんありました。きっと日々の練習の質を高めるために、ピッチの中でも外でも4年生としてまだまだできること、やらなければならないことがたくさんあったのだと思います。ただこの1年間の中で自分自身も他の部員たちも少しずつではありますが、1選手として、1人の人間として成長していることを実感することができたのは嬉しかったです。
新井コーチにはいつも考え、成長するためのキッカケを与え続けていただいたと感じています。だからこそ自分が心から信頼の置ける選手になれなかったことが本当に歯がゆいです。
後輩たちには感謝しかありません。本当に家族のような存在だと思っています。大好きな後輩たちには、これからたくさんの経験をして、信頼を積み上げながらそれぞれが思う格好良い男になってほしいです。そのためのキッカケは毎日の"本気"の中に転がっている。そのことを理解して一瞬一瞬を生きてほしいと思います。負けたくない、悔しいと思う気持ちを常に持ち続け、自信を持って一歩ずつ前へと進んでいってほしいです。
ここまでずっと自分が大好きなサッカーを続けてこられたのは、両親をはじめとするたくさんの方々の支えがあったからだと今改めて感じています。サッカーに出会わなかった自分を想像するのが怖いくらいに、サッカーは様々な経験と生きていく上で大切なことを与えてくれました。今までお世話になった全ての方に感謝の気持ちを伝えたいです。ありがとうございました。」
 
〇FW 坂井悠太
「今シーズンBチームは全国大会出場を目指してやってきましたが、チームを降格させてしまい後輩たちにはとても申し訳なく思っています。4年生が多いカテゴリーだったので、チームに対する思い入れもとても強かったです。それもあって互いに高い要求をしあったり、厳しい言葉をかけたりすることができなかったのではないかと思っています。
新井コーチ、去年に引き続き本当にお世話になりました。僕にとって新井コーチのもとでサッカーを学んだ期間はサッカー人生の中で一番充実した期間になりました。知らない世界を見れたような気分で、サッカーの奥深さや難しさを学びました。本当にありがとうございました。
後輩たちへ、考える事は才能に勝ります。何が足りないのか、どれくらい足りないのか、何を求められているのか、考える事は無限にあります。誰かに言われたことをやるのではなくて、自分で見つけてください。
これまで応援してくださった皆さん、ありがとうございました。僕たちは皆さんのサポートのおかげでここまでサッカーができました。こんな結果で終わってしまいすみませんでした。これからも中大サッカー部をよろしくお願いします。」
 
 
〇FW 保田湧
「今シーズンは4年間過ごしてきた中で結果的には一番勝てないシーズンでした。しかし、色々なことをサッカーから学べた1年でした。
4年間を振り返り、他の人にはできない経験をたくさんして、色々な学びを得ました。これから死ぬまで、しっかりと活かして生きていきたいです!
新井コーチへ、ピッチで感謝を表現することはできませんでしたが、3年間指導して頂きありがとうございました。また、色々迷惑をかけてすいませんでした。3年間とても楽しかったです!これからも自分らしく頑張っていきます。
最後の試合、雨の中の応援して頂き、本当にありがとうございました。後輩のみんなは、色々なことを考え、残りの期間充実できるように、頑張ってください!応援しています。」
【 2017/10/31 更新】
前月←   2017年11月  →次月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
お問合せ CHUO SPORTS ACADEMYU-15試合ブログ
Copyright © CHUO UNIVERSITY FOOTBALL CLUB. All Rights Reserved.